デビューしたてのディスカバリー・スポーツは既に2016年モデルに切り替わっている。イギリス本国ではディーゼルエンジン車が主流になのに、なぜ日本では発売されないのだろう。日本の厳しいディーゼル規格もクリアしているエンジンらしいから余計に残念・・・余談だが、ジャガーXEではディーゼルが発表になっている。是非、ランドローバーにも!私がここで叫んでもメーカーに声は届かないだろうが・・・。

それはさておき、ディスカバリー・スポーツはデビュー以来個人的にも大変興味がある一台である。中古車を専売している我々としては、自身のマイカー選びも例外ではなく、良い中古車が出てくるのをじっと待つ。そんな体質がついているのだが、今日はあえて”夢の新車オーダー”のシミュレーションをしてみようと思う。
DSC_0846

選ぶグレードはベースとなる「SE」。2016年モデルの車両本体価格は5,000,000円。それに好みのオプションを加えていって自分にとっての最良の一台を仕上げる。・・・というか、現実的に予算を考え、できる限り余分なものを省いて最低限仕様の一台というのが正しいだろう。(笑)

メタリックペイント(82,000円)
コントラストルーフ(77,000円)
ヒーテッド・フロントウィンドスクリーン(53,000円)
自動緊急ブレーキ(30,000円)
レーンデパーチャー・ワーニング(103,000円)
ブラインド・スポットモニター(93,000円)
キーレスエントリー(98,000円)
ステアリングホイール・ヒーター(36,000円)
パーシャル・レザーシート(134,000円)
アームレスト付センターコンソール(30,000円)
フロント・シートヒーター(57,000円)
パノラミック・サンルーフ(165,000円)
プライバシー・ガラス(62,000円)
充電対応USBポート(20,000円)
----------------------------
オプション合計 1,040,000円

オプション付き車両本体価格、6,040,000円也!

最低限と言いつつ、なんだかんだで100万円強のオプションとなってしまった。それでも、タイヤ&ホイールはいずれ好みのものを選ぼうかと、純正オプションの19インチや20インチを選択しなかった。自分ひとりが運転するだけだと考えれば電動パワーシートも必要ない。電動格納ドアミラーも節約。老後にはパワーテールゲートが欲しくなるかもしれないが、77,000円のオプションはとりあえず今は我慢。
安全装置、快適装備、デザイン、それらのオプションの中の、「せめてコレだけは欲しい」という最低限のものだけを選んだ結果の実用的な仕様である。

5年後10年後に、もし私がディスカバリー・スポーツの中古車を買うことになったときに、できる限りこんな仕様が見つかるよう祈っていよう。できればボディーカラーはコリス・グレーで!