レンジローバー
知人がAE86に乗ってやってきた。
かつて私もハチロクに乗っていたことがあった。ハチロクは私の人生においてとても重要な一台だ。クルマを操ること、そしてイジることのきっかけになったクルマであり、現在私が自動車業界で仕事をできているのはやはりあの頃にハチロクに出会ったことが全ての始まりであることは間違いない。

レイブリックの周りをクルっと一周運転させていただいた。抜けの良いマフラーのせいか、あるいは手が入れられたエンジンの恩恵もあるからだろう、軽く吹けあがってとても気持ちがよい。ノンスリップデファレンシャルが組み込まれているようで、低速での旋回時にはリヤがぎこちなく暴れ、そしてひとたび路面を捕まえると蹴りだされるように加速をしていく。心が躍動する!
私がハチロクを手放してもう20年以上経っている。しかし不思議なものでライトやワイパーの操作は無意識にスイッチに手が伸びるほど体が覚えている。左手は自然にシフトノブに命中し、ヒール&トウもピタリと決まる。自分の手足のように操ることができるという意味では私にとっては生涯でナンバーワンのクルマだろう。本当に懐かしい。もう一度所有したい。・・・いや、今日のところは懐かしいだけにしておこう。(笑)