今週の火曜日に受けた損害保険の資格更新試験について。
試験会場であるビルのフロアにはパソコン設置されているブースがずらりと並ぶ。受付を済ませると自分のブース番号が指定され、あらかじめ持ち物をロッカーに仕舞い、時間になると試験室に入って自分のブースにつく。試験室に持ち込める私物はハンカチとティッシュ、マスク、目薬のみ。私はハンカチを持ち込んだのだが、受付ではそれを広げてヒラリヒラリと表裏を見せてチェックされるという厳重ぶり。
試験はパソコンを使う。自分のIDを入力すると問題が現れる。自分で「試験を開始」をクリックしてスタート。問題に対する回答を選択形式でクリックしていく。「次へ」でどんどん進んでいって最後は「試験を終了」で閉じる。または画面右上に残り時間が表示されていて、それがゼロになると自動的に試験終了。
パソコンを使った試験なので筆記用具は必要ない。筆記用具も持ち込めないので問題や回答を控えてきて自己採点をすることもできない。正直なところ、それが辛かった・・・。合否結果は3営業日後の翌日。その間の長いこと長いこと。そう、今日がその発表の日だった。
試験の申込から結果発表まで全てパソコンを使うこのシステム、合否発表もパソコンから。私は、出社後に合否を確認するつもりだった。ところが今朝早く、枕元のスマホのメールの着信音が鳴り、確認をすると「【日本損害保険協会】:受験結果通知」とのタイトルが見えた。7:06のこと。瞬間、バチっと目が覚め、飛び起きた。私はすぐにパソコンを立ち上げ、サイトにログインした。心臓があぶる。そして合否結果ページへ緊張しながらクリック。

 基礎単位 合格
 自動車保険単位 合格
 火災保険単位 合格
 障害疾病保険単位 合格

全国の損保の募集人は何万人いるのだろう?その全員がクリアする試験なので決して高いハードルではない。しかし、自分にとっては十分に難関であった。合格の文字を見て一安心。今日は朝からとても晴れやかな気分だった。今年、最高に美味しいモーニングコーヒーだったかもしれない。
DSC_1309