「バカグルマ」、私たちの周辺ではこんな呼び方をするカテゴリーがある。馬鹿馬鹿しいクルマ、ではない。バカみたいに思いっきりやっちゃったクルマ、なんとなくこっちのほうがイメージ近いかな。
私の中での代表的なバカグルマといえばルノー・ルポールV6。ベースはクリオという小型FFハッチバック。排気量は1.4とか1.6Lあたりが主流のクルマ。これに3.0LのV6エンジンを載せてしまうのだが、なんとリヤシートを取っ払って、その位置にエンジンを納め、つまりミッドシップのリヤ駆動にしてしまうという荒業。もちろん2シーター。オーバーフェンダーに幅広タイヤを納めるという迫力のあるスタイルも魅力的。勢いで買ってしまいそうな時期もあったが、ふと冷静になってやはり二の足を踏んでしまった。こんな時はバカになりきれない自分が、ある意味悔しくもある。勢いで買ってしまえば、きっと楽しいカーライフが待っているのに・・・。

さて、今朝の新聞より。
なんとなんと、トヨタがこんな魅力的なクルマを出してくれるなんて!かなり驚き。
加藤ブログ

何年か前にホンダがシビックのスペシャルマシン、「Mugen RR」を発売した。価格はフツーのシビックの2倍ぐらいしただろうか、およそ500万円ほどだったと思う。今回はちょっと手法が違うが、これもフツーの86のおよそ2倍の600万円。新聞記事を読み、そしてインターネットでも調べてみたが、この86の生い立ちが面白い。
86はスバルが生産してトヨタが売っているクルマ。しかし、今回の86GRMNは、スバルからボディーを供給してもらい、トヨタの元町工場で組み立てるのだそうだ。そして"スペシャル"の内容は、とにかくレーシングカーの要素が盛りだくさんということ。サスペンションやブレーキなど、ノーマルの86を改造すればできることもあるが(それでもかなりのコストが掛かると思う)、特筆すべきはボディー。カーボンを多様し、軽量&強化が図られている。これこそ、ホワイトボディーから作るからこそなせる技!クォーターとリヤガラスにポリカーボネイトを使うなど、まんまレーシングカーではないか!ロールバーこそ入っていないが、レカロの2シーターだし、赤のレザーを使ったステアリングホイールをはじめ、インテリアも戦闘的な意匠が施されている。600万円はグロスでは高く感じるが、それだけのことがやってある86なら600万円はとても安い。250万円でノーマル車を買って350万円投じてもきっと追いつかないし、何が魅力かって、生産ラインで作られたクォリティーだということ。ポルシェ911でいえばRSのような存在だな。
いやあ、面白そうだ。でもこれを買うのは勇気がいる・・・。ただ、望んでも買えるわけではない。限定たったの100台、Webからの申し込みで抽選だそうだ。きっとかなりの高倍率だろう。エントリーしてもきっと当たらない。とりあえず宝くじ代わりにエントリーだけしてみようかな!なーんて、冗談冗談。笑
この86GRMNをバカグルマと呼ぶにはちょっと無理があるかも。正統派すぎてカッコよくまとまっちゃったという印象。でも、とにかく驚き。国産メーカーもどんどんこんな突拍子もないクルマを出してほしい!今後に期待期待。