レイブリックの主力商品であるオリジナル・アルミホイールは、発売順に、ウィンドストーム、ウィンドストーム2、イグレットの三種類がある。ウィンドストーム開発当時の適合車種はディスカバリー3と初代レンジローバー・スポーツ、そして3rdレンジローバーだった。販売する中で、ウィンドストームを3rdレンジローバーに取り付けた場合、フロントフェンダーのクリアランスが保安基準に対してギリギリで、もしかしたら組み合わせるタイヤによってははみ出してしまうのではないかとの懸念が出てきた。そこでリム幅を0.5インチ狭めて9.0インチとし、オフセット量も含めて再設計したのがウィンドストーム2。ウィンドストーム2の適合車種はウィンドストーム20インチの適合車種を網羅しているので、ウィンドストーム20インチは在庫が途切れたところで販売を打ち切りウィンドストーム2へ移行していく予定だった。
windstorm2
一昨年レンジローバーが、そして昨年レンジローバー・スポーツがフルモデルチャンジをした。すると、ウィンドストーム2が適合しないグレードが現れた。そこで再び新型ホイールを作ることになったのだが、それが今年リリースしたイグレット。そんな経緯があって、イグレット以外にもうひとつ残すホイールは、ウィンドストーム2ではなく、在庫限りで売り切りと考えていた初代ウィンドストームにすることにした。今度はウィンドストーム2が在庫限り。そして一昨日、ブラックポリッシュは売り切れた。今日現在、残すはスパークルシルバーが一台分(梱包ダンボールの関係上、この一台分は発送出荷はできず、店頭販売のみ)。時代の流れによって、生き残れるものが逆転してしまうという因果な両者となってしまった。

繰り返しになるが、今後のラインアップはイグレットとウィンドストームの二種類となる。
ここで新たな情報を。
今冬分は在庫が尽きることはないと思っていたウィンドストーム19インチの残りが、この秋の早い段階でかなり少なくなり、春までもたないかもという状況になってきた。そこで先月始め、工場に追加の生産を依頼した。当初、完成は年明け一月になるだろうとのことだった。現在の在庫がなくなる前に間に合ってくれるか、微妙なところ・・・。
先日、予定よりも早く完成の連絡が届いた。在庫が尽きる前に間に合った。ところが、年末でなかなか輸送トラックの都合がつかない。「通常」なら、まだ在庫があるので納入は年明けでもいいですよ!と言ってもよいのだが、実は今回は「通常」ではない。一日も早く手元に欲しい理由がある。それが年内の最終営業日となっても構わない。

少しもったいぶったが、その理由とは、今回のウィンドストーム19インチに新色を追加したのである。イグレットで一番の人気色「ハバナ・グレー」だ。ただ、このタイミングで届いても、すぐに休みに入ってしまって連休中は販売することはできない。しかし、ホイールが届けばすぐに写真を撮り、ホームページに掲載することはできる。長い冬休み中、皆さんにレイブリックのホームページをご覧いただけたのなら、そこにひとつでも多くの新しい情報を載せておきたいと思うのである。
今のところ、ウィンドストーム19インチ「ハバナ・グレー」は、あさって26日(土)に入荷する予定。