かつて私の車歴についてお話したことってあったかな?今日は私の始めてのマイカーについて。
高校卒業と共に自動車免許をとったのだが、通学もバイトもしばらくは原付スクーターで通っていた。夏頃だったか、親戚のひとから車検が数か月だけ残っているポンコツを貸してもらった。パブリカ・スターレット!クルマを買い替えるとかで、下取査定してもらったところ値段がつかないと言われたとか。今の私ならとても味があるクルマに思えるのだが、当時はダメだった・・・。親戚の人も、クルマ屋も、誰が見てもポンコツだったのだから仕方がない。こんなポンコツに乗るぐらいならスクーターの方がマシと思って、何度も乗ることなく車検が切れでスクラップになった。

冬が近づいてきた頃、母がクルマを変えることになった。それまで乗っていたクルマを下取査定してもらったところ30万円だった。私はそれに狙いを定めた。いわゆる「親ローン」というやつだ。バイトして毎月コツコツ返すからと、そのクルマを譲ってもらった。それが"思い出の"AE70カローラセダンだった。母が乗っている頃から、その角ばったスタイルが好きでこんなタイミングを虎視眈々と待っていたのだ。先のパブリカ・スターレットと違い「自分のクルマを手に入れた」という満足感があった。

私は早速自分好みに改造を始めた。テッチンホイールとカミソリタイヤとはおさらばし、メッシュのアルミホイールに幅広タイヤを組み合わせた。押しボタン式のAMラジオを取り外し、ケンウッドのカーコンポを組んだ。フェンダーミラーからドアミラーに取り替えた。地味なオバチャングルマの面影はすっかりなくなり、とてもゴキゲンなクルマに仕上がった。ガソリン代が続く限り毎晩のようにドライブに出かけた。走り過ぎてスピード違反も経験した・・・。バイトの給料日までお金が続かず、ガス欠になって路上で止まってしまったこともあった。お金はないが、暇はある。だからワックス掛けばかりしていた。ホームセンターで安いエンジンオイルを買ってきて、自宅の庭でクルマの下に潜ってオイル交換をした。ドレンを付け忘れ、上から入れた新しいオイルがエンジンを通過してそのまま地面に流れ出て大騒ぎしたこともあった。解体屋でベンツホーンを買ってきてカローラに付けた。するとワット数が違っていてフューズが飛んだ。そこでリレー回路というものを学んだ。そんなふうに、まさに相棒として過ごしたのだった。

DSC_1875
そこまでの話はともかく、以前あるお得様と懐かしのクルマの話をする中で、私の初めてのマイカーがAE70カローラセダンであることを話題にしたことがあった。先日、その方が来店された時、「加藤さん、お年賀です」と差し出されたのがコレ。カローラセダンのプラモデルなんで、当時でもおそらくなかっただろう。いやあ、驚き!プラモデルなんて、もう20年近く作っていない。最後に作ったのは中嶋さんとアイルトンセナが乗ったF-1マシン、ロータスホンダ99Tだったかな。
素敵なお年賀をありがとうございました。ヨシ!時間を作って久しぶりにやってやろう!
DSC_1878