レンジローバー_バッテリー
これは3rdレンジローバーのバッテリー交換中の様子。バッテリーはボンネットを開けて最も右奥の位置にある。充電するなど、メンテナンスのために手を入れることはできるが、ボンネットを開けただけではバッテリーを交換するためのスペースはない。左右ワイパー、そしてプレナムカバーを取り外す。ボンネットダンパーを外してボンネットを直立位置まで開ける。これでようやくスペースができる。しかし、簡単にはいかない。ワイヤーハーネスが邪魔をしているので、それらを避けながら引きずり出し、そして新しいバッテリーを収めるのだが、とにかく重い。重量はおよそ26kg。腕の力だけではとても持ち上がらない。
そのため、私はエンジンルームに乗っかって作業をする。。なのでこんなふうに養生のために毛布を被せて作業を行っているのである。
レンジローバー_バッテリー交換