ランドローバーディスカバリー
これはレイブリックの社用車の一台、2005年モデルのデスカバリー3。走行距離はもうすぐ237,000km。調子もよく、人も乗れて荷物も載せられて、社用車としては超優等生である。個人的にも、これがマイカーだったとしても十分に満足しながらまだまだ乗り続けられると思う。
私はランドローバーにどっぷり浸かっているので少し偏った発想になっているかもしれないが、ランドローバーにしてもジャガーにしても、英国車は少々年式が経ってもなぜか世代遅れの感じがしてこない。そこが良い。だから長く乗っていても飽きない。え?これがもう10年落ち?!と驚かれることなど頻繁にある。
次々と新しいクルマに買い替ええる必要がないということは「個人所費低迷」につながってしまうわけだが、ランドローバーはそんなふうに長く乗れてしまうクルマなのである。どうか、ランドローバーがすぐに飽きてしまうようなクルマ作りへと抜本改革をしませんように。
ランドローバー