DSC_2560
お客さまからハチミツをいただいた。ひとつは一般的な飴色のもの。アカシア(だったかな?)。もうひとつは褐色の見慣れないもの。蕎麦だそうだ。私は「蕎麦をどうしたもの?」と疑問を抱いたのだが、そう口にする前に「蕎麦の花から蜂に蜜をとらせたものですよ」と説明してくれた。あ、そうか、蜂は花の蜜を集めてくるわけだから、それが何の花かでハチミツの種類が変わるわけだ。
さて、蕎麦ハチミツ。説明が難しいなあ、とにかく独特の風味。真っ白い上用饅頭に対して黒糖饅頭のような、そんなニュアンスかなあ。さっぱり食べたいならアカシア、ちょっとコクを味わいたいなら蕎麦といった印象。
新しい経験をさせていただき、お客さまに感謝!ごちそうさまでした。

この年になっても私はまだまだ多くのことを知らない。難しいことを考えさせられるような経験も人生には必要かもしれないが、こんなふうに素朴な知識をもっともっと知りたいと思う。