「SW1」、今どきこれが車種名であっても不思議ではないし、グレード名ならなおの事。特にその由来まで掘り下げて考えることもなく過ぎていってしまいそう。今日は、あえてネーミングの由来を知りたくなるレンジローバー・イヴォークの特別仕様車の話題を。

日本には入ってこなかったが、2014年に「SW1 Special Edition」という特別仕様車が英国で発売された。ルーフやドアミラーなどにユニオンジャックがあしらわれ、アルミホイールもホワイトにペイントされたポップなデザインのもの。
このスペシャルエディションには更にこんなタイトルが付けれられている。「Inspired by Britain」。2014年といえば、スコットランド独立の住民投票が行われた年。そのタイミングでこういう特別仕様車が発売されたことは意図的だったのかもしれない。

さて、「SW1」だが、これは英国内のある地域の郵便番号を示しているとのこと。ロンドン市内の中心部。国会議事堂にあたるウェストミンスター宮殿があるウェストミンター地区、その他バッキンガム宮殿やビクトリア駅、ビッグベンなど、英国の政治的、観光的にもまさに中心部にあたる地域を含む郵便番号なのだ。とても洒落たネーミングだなあ!
日本なら国会議事堂、皇居、東京駅あたりを含む東京都千代田区にあたる地域かな。このイヴォーク特別仕様車を日本に置き換えると「100 Special Edition」となるわけだ。まあ、置き換える必要もないが(笑)。