先週、イヴォークのトランクに3個のゴルフバッグを工夫して積み込んだ記事をアップした。イヴォークはレンジローバーシリーズの中では最もコンパクトなクルマなので車内の狭さは致し方ないところではある。とはいえ、実のところ、現行型のレンジローバー・ヴォーグやレンジローバー・スポーツだとしても、ゴルフバッグを3個以上積むのは容易ではない。ただ、「トランクに4個のゴルフバッグを積みたい」と考えているのは世界でもおそらく日本だけではないのかと、私は思っている。その証拠に、輸入車ではゴルフバッグが4個積める乗用車はとても珍しい。私が知る範囲では、ジャガーのトランクは、あれだけ大きなボディーにも関わらず無理なく2個、イヴォークと同じようにウッドを抜いてなんとか3個である。私は日本以外でゴルフをしたことがないが、アメリカやヨーロッパで一台のクルマに4人乗り合わせてゴルフに出かけるシーンはイメージが沸いてこない。
DSC_2868
さて、これはお客さまからの下取車として入庫した現行型アウディA8のトランク。アウディの中では最も大きいサイズのサルーンだ。特にこの車両はハイブリッド車なので、トランクの奥半分の床にバッテリーが配置されていて、そのせいで床が高くなりトランクが随分と狭くなっている。しかし、バッテリーがなかったとしても横幅は足りなさそう。これもやはりゴルフバッグ4個は到底積めなさそう。ランドローバーに限らず、やはり一般的に輸入車のトランクはゴルフバッグをたくさん積むことはあまり考えられていないようだ。