写真は現行型ランドローバー各車に多く使われているスマートキー。これの電池はおおよそ3年で消耗する。電池が消耗すると車体との通信状態が悪くなり、メーター内に「キーバッテリー低下」の表示が出始める。それを無視し続ければ、やがてはドアのロック・アンロックなどの操作が不能となる。
今日はその電池交換の要領を。

側面の金属部分をスライドして取り外す。
DSC_2961

中に緊急用の金属製のキーが収納されているので、それを利用してハウジングをこじ開ける。ちょうどキーが刺さるようにそのための穴が空いている。
DSC_2960

テコの原理でこじ開けると電池が現れる。
DSC_2959

「CR2032」という規格のボタン電池である。ホームセンターのレジあたりにぶら下がっているような一般的なもの。コンビニでも売られていると思う。