以前、強引に取り外したチンスポイラー、せっかく取り外したのだからそのまま取り付けるのも悔しい。元々のブラックから別のカラーに塗り替えようかとも思ったが、レッドのルーフとのコーディネイトも難しい。そこで久しぶりにイージーグラフィック加工を施すことにした。
これは専門業者に依頼するのだが、定番のカーボン柄以外にもマーブル模様や木目など、様々な表現が可能。とはいえ、今回はただでさえ派手なコントラストルーフなのでチンスポイラーは静かに主張することにした。パッと見はノーマルにしか見えないが、よく見ればブラックのカーボン柄。特に軽くなったわけでもなく、劇的な空力効果が望めるとも思えず、完全に自己満足である!
レンジローバーイヴォーク
レンジローバー