作業でリューターを使おうと思ったがスイッチオンしても作動しない。長年使ってきたものだし、そろそろ壊れたとしても諦めはつく。しかし、きっと構造は簡単なものだろうし、ダメ元で分解してみた。
サーキットテスターで各部を点検したところ、コイルに導通がないことが分かった。ニクロム線がグルグルと巻かれているだけなので時間だけかければ解決しそうだ。
ということで、断線箇所の復旧にはかなり芯に近いところまで一度ほどく必要があったが、断線部分に手を入れ、再び巻き直して無事に解決。
ニクロム線を巻くなんていつ以来だろう?中学の技術か、高校の物理か、あんまり勉強していなかったから記憶にないなあ。笑
DSC_3023
DSC_3022