名古屋には「あんかけスパ」という食べ物がある。別の土地の人から「名古屋に行ったら何を食べたらいい?」と聞かれたら、私は味噌カツでもエビフライでもなく、味仙の台湾らーめんか、このあんかけスパを勧める。事実、自分自身がとても好きだから。そして名古屋にしかないものだから。台湾らーめんはいわゆる激辛らーめんで、その辛さがハマる人は多い。一方のあんかけスパは、すごくハマる人と、もうイイヤって人に分かれるかも。
今日は、そのあんかけスパについて。とてもローカルな内容なので多くのみなさんにとってはチンプンカンプンだと思うがなにとぞご容赦を。。

名古屋を中心に、愛知県下には多くのあんかけスパ専門店がある。ヨコイ、あんかけ屋、トッポ、チャオ、などなど。そしてやはり味は微妙に異なる。あんかけスパのフリークには、きっとそれぞれ好みの味があって、その微妙の味の違いにはとても敏感になっているほど。例えば自分の家の味噌汁や炊込みごはんの味と同じで、いちど体に染みついた味が完全にスタンダードとなり、他のお店の味にはどうしても違和感を覚えてしまうのである。美味い不味いの理論ではなく、合う合わないの問題かな。ちなみに、私の中のランキングトップはあんかけ屋。トッポも同じぐらい好きだが、残念ながら近くにお店がない・・。

さて、愛知県には「coco壱番屋」というカレー専門店がある。地元の人間はココイチと呼ぶ。そのココイチが、何年か前にあんかけスパ店を展開しはじめた。それがパスタ・デ・ココ。そのお店がこのほど長久手市内レイブリックの近くにオープンした。初めて食べる前からこんなことを言うのもどうかと思うが、それでもやはりそこは味噌汁論であり、きっとそれはそれで美味しいのだろうけれど、やはり一番にはなれないだろうと、そんな先入観を抱いてきたのも正直なところ。しかし、せっかく近くにできたことだし、今日の夕食はパスタ・デココにすることにした。
加藤ブログ
さて、はっきり言って普通に美味しい!従来のあんかけスパとの違いは、メニューの幅が広いこと。ソースの種類も選べる。一般のあんかけスパ屋はのソースは、例えば鰻のたれのごとくその店の伝統であるが故に味に選択肢がない。その味、その辛さ、その濃さが嫌なら別の店に行く、そういうものである。しかし、パスタ・デ・ココにはあんかけで三種類、更に、さすが本体がカレー屋だけに、カレーを掛けてもらうこともできる。
今日は、アサリが入ったあんかけスパが食べたかったので、選んだメニューは「バジルボンゴレ野菜」。あんかけスパの王道からは少し外れる、いわば創作料理である。ソースは、辛さでいうと中間にあたる「マイルドスパイシー」。サイズは、ノーマルの「M」に対して、少し多めの「L」を頼んだが、これはオーダーを取りにきたお兄ちゃんに上手く伝わらなかったのか、「M」が出てきてしまった・・・。まあ、ダイエットさせてくれたと思ってそれは流した。(笑)
先に言ったように、普通に美味しい。予想通り、味は微妙に違う。これはこれって感じ。ソースも選べるし、サイドメニューも多いし、家族など大勢で行くには向いているだろう。

パスタ・デ・ココに限らず、まだ名古屋であんかけスパを食べたことがない方は是非一度チャレンジしてください。