どんどん普及しているドライブレコーダー。航空機のフライトレコーダーと同じで、元々は万が一の事故の際に、その状況を証拠に残しておくものだった。しかし、最近ではその目的の幅は広がり、実際に効果もある。
例えば、セキュリティー機能。駐車中も録画し続け、自車へのいたずらや当て逃げなどの際に泣き寝入りをしないために。
また、交通取り締まりの冤罪防止にも大いに役立つ。まだドライブレコーダーが普及する前にあるお客さまのこんな事例があった。路地から右折で幹線道路に出る際、左から、まだ遠くであったがクルマが向かってきているのが見えた。しかし、まだ十分に安全な距離があったので右折をして加速をした。後ろからはさっきのクルマが迫ってきてはいたが、全く危険な車間距離ではない。しかし、念のために早めに流れに乗ろうと思い、アクセルを踏み込んで加速をした。そこでスピード取り締まりをやっていた・・・。御用。
しかし気になって、スピート計測をしている場所を確認すると、自分が路地から出た場所よりももっと前だったのだ。つまり、警察が測定したスピードは後続のクルマのものだったのだ。自分はあの路地から出てきたことを主張するも。警察は「嘘を言うな!」と全く聞く耳を持たない。後日、検察庁だったか裁判所だかまで行き、とにかく大事になったのだが、もとはと言えば警察のミスなのに、身の潔白をこちらが証明しなければならない。カーナビゲーションの走行軌跡を表示するようにしておけばとも思ったがあとの祭り。最終的には、直近に立ち寄った場所でのアリバイを証明してもらい、そこから"事件現場"への走行ルートとそれに掛かる時間などから状況証拠へと結びつけてなんとか冤罪を免れたとのこと。
私も以前こんなことがあった。赤信号の交差点で矢印信号に従って右折をした。すると後ろでパトカーのサイレンが鳴った。何か事件かと思い、私は路肩に寄せて進路を開けた。が、あれ?パトカーは僕の後ろで止まり、警察官が降りてきた。なんのこっちゃ???私が信号無視をしたのだという。信号はすっかり赤だったと。はい、確かにすっかり赤だった。しかし矢印が点いていた。そう主張すると。なんと、「あの交差点の信号に矢印はない!赤信号で交差点に進入した」と言うのだ。呆れた〜。私は二人の警察官を連れて交差点に行き、矢印信号を指さしてやった。
私の場合は警察官の勘違いで済んだが、もしもどこかで歯車が狂っていたら「信号無視」扱いをされていたかもしれなかったし、先のスピード違反のケースなどは典型的「ドライブレコーダーを付けていれば」というケースである。

ちょっと前置きが長くなったが、今日の本題はここから。
これはレンジローバー・イヴォークのブラインドカメラ機能だが、最近ではこのように車体のアチコチにカメラが付いていて、様々な方法で映像が写されるようになっているクルマが多い。そこで私は考えた。この映像をそのまま録画できる機能があれば良いのに、と。事故処理に役立つ映像をはじめ、セキュリティー面などさまざまなことに使えると思う。便利だと思うなあ。
レンジローバーイヴォーク