憧れのポルシェ、維持費高すぎてショック! 想定外の出費が次から次へと…
ネットでこんなニュースをみかけた。まず見出しを読んでビックリ!記事を読むと「20年前の車 年間維持費が180万円!」と続く。ここで更にビックリ!何にビックリしたかって?そんなに維持費が掛かることにビックリしたわけではない。そんなに掛かるはずがないと思うから驚いているのだ。
更に記事を読み進めると、180万円の内訳がこと細かく説明されていた。いやあ、まいったなあ!これはポルシェだからゆえの維持費ではなく、たとえポルシェでなくとも掛かる経費がほとんどだ。

ちなみにこの記事のポルシェは1995年式911とのこと。いわゆる993型であると思われる。車両価格800万円ということは、相場からすればおそらく911カレラだろう。排気量は3.6リッター。
記事中で表現されていた経費の詳細について、以下のとおり私なりの所見を青字で書いてみた。記事中で「メルセデス・ベンツやBMWなどから乗り換える・・・」などとあるので、比較対象もそのあたり、排気量も似たようなメルセデス・ベンツSクラスやBMW7シリーズあたりとしてみよう。

・自動車税:7万円
おおよそ正解。自動車税は排気量に準じて掛かる。3.5リットル超4リットル以下の自動車税額は66,500円。ただ、新車から13年以上経ったクルマにはおよそ15%重課され、76,400円となる。ただ、ポルシェでなくとも同様の排気量、同年代のクルマなら同じだけ自動車税は掛かる。

・自賠責保険(年間):2万円
年間2万円??? 自賠責保険料は車検のたびに必要になる。これもポルシェに限ったことではなく自家用乗用車は24か月分で一律27,840円。ホンダ・フィットやトヨタ・アクアでも同じ。

・重量税(24カ月):1.5円(1.5万円の間違いだと思う) 
1.5万円???、これはきっと最近のエコカーの税額だと思う。1995年式911の重量税は37,800円。最近のエコカーより高いのは当たり前だが、これもポルシェだからではなく、その年式、その車両重量(1トン超1.5トン以下)のクルマならみな同じ。メルセデス・ベンツやBMW車の多くが1.5トン超2トン以下となるので更に高く50,400円のはず。

・自動車保険(任意):30万円
ポルシェに車両保険をかければ確かに高い。記事のとおり車両の料率クラスは9段階のうちの9、最も高いクラスである。しかし、仮にこれが標準的5クラス乗用車であったとしても、その差は10万円以内ではないだろうか。あとは、ポルシェだから保険料が高いということではなく、車両保険金額が高ければ保険料も比例して高くなるのは事実。

・購入時の手続き費用等:6.5万円
当たり前だが、どんなクルマでも購入時には必要な費用。

・駐車場代(年間):24万円
ポルシェじゃなくても駐車場代は同じ。でも、2万円/月なら都内なら安いほうでは?!

・ガソリン代・高速代(年間):30万円
これもポルシェだから特に余分に掛かるものではない。高速代は同じ。同年式、同排気量のクルマと比較してもポルシェの燃費は全く悪くない。

・車検代(年間):8万円
ポルシェに限ったことではない・・・。

・タイヤ交換:20万円
同クラスサルーンだとしても1本あたり3〜4万円は標準レベルだと思う。せっかくポルシェだからと気張る分だけは高くなるかも。ただ、ふつうの乗り方をしていれば毎年交換するほど減るものではないので1年で20万円は大袈裟すぎ。

・オイル交換:5万円
一年で2回のオイル交換をしたなら、ポルシェならこれぐらいは必要。空冷エンジンの場合、エンジンオイルもSクラスや7シリーズと比べれば2倍ぐらいの量が必要だし、作業の手間もかかるため工賃が高くなる。せっかくの高性能エンジンだからと、高価なオイル銘柄を選ぶポルシェオーナーは多いと思う。

・修理代・1年点検:20万円
故障は突発的なことなので、こればかりはなんとも言えない。

・専用ドライビングスクール:15万円
??? これは意味が分からない・・・。911カレラの運転は何ら難しいものではなく、普通にクルマの運転ができる人なら、普通に乗れるもの。自動車保険を6等級新規で加入したということは、記事のAさんはこれまでペーパードライバーだったのかな?あるいは、A/T車しか運転できず、購入したポルシェがM/T車だったとか。だとすれば、ポルシェの乗るための、ではなく、"クルマに乗るため”ということになる。または、せっかくポルシェに乗るのだからサーキート走行でも楽しもうとか、そんな娯楽のコストのことを言っているのかかもしれない。

・クラブ入会費用:10万円
これもまったくの趣味の領域で、必ずしもクラブに属する必要はない。ポルシェに乗ることに対する必須の経費ではない。


以上が私の経験上の意見。立て続けに大きな故障が重なるなど、そういう場合に計算が立たないのはどんなクルマでも同じこと。20年以上経っているクルマならポルシェに限ったことではない。ポルシェだから膨大な維持費が掛かるというニュアンスの記事や見出しに「それはちょっと語弊がある」と言いたいのである。当時のBMWやメルセデスベンツあたりと比較しても維持費に大差はないだろう。911カレラは中古車の値落ちが少ないぶん、中古車も高い。なので車両保険を掛ける場合に高くなるのは当たり前のこと。ポルシェだから!とあえて言うなら、エンジンオイル交換コストが少々高いこと、それぐらいじゃないかなあ。

レイブリックが扱うレンジローバーの場合も「故障が多い?維持が大変?」と言われることが多い。ただ、最近のランドローバー各車は、きっと他の輸入車と同水準だと思うし、とにかく今回のような誤った情報もたくさんあるので、どうか全てを鵜呑みにしないよう冷静に判断してほしいと、そう思うわけである。
加藤ブログ