「おまたせ」、本当にそういう印象。新型NSXがショーモデルやプロトタイプとして世に出始めてからもう何年経っているだろう。
これは今朝の新聞記事とホンダの全面広告。予想通り私にとってはとても購入できる価格ではない。しかし、欲しくても手が届かないクルマは憧れとして”現実のモノ”になる。もしも発売に至らずに葬られてしまったならそれは”幻のモノ”。この差は大きい。宝くじが当たれば買えるクルマ、そんなふうに夢を見させてくれるクルマが存在していてほしいのである。
若いころはそれが何台もあった。だから夢の中でも何台ものクルマをずらりと並べるガレージが存在した。年齢と共になのか、徐々に夢のガレージに並べられるクルマの台数も減ってききたが、今日、このNSXがその空いたスペースにキレイに収まった。
DSC_3345
DSC_3346