タイヤのパンク救援のためのロードサービス件数が増えているというニュースを目にした。
子供の頃、自転車のタイヤの空気が少なくなってペダルを漕ぐのに大変な思いをした記憶がある。下り坂でも転がりが悪く、一生懸命ペダルを漕がねばなない。家に帰ってポンプで空気を入れると、生まれ変わったようにタイヤが軽く転がったものだ。
クルマのタイヤも同じ。エンジンに余分な負担が掛かり、知らず知らずのうちに燃費も悪くなっていることだろう。ドライバーは体力的には辛い思いをしていないが、財布には負担になっている・・・。コーナリング性能も悪くなり、高速道路でのスタンディングウェイブによるバーストのリスクなど、悪いことだらけ。
ニュースの記事のとおり、セルフのガソリンスタンドが増えていることもあって、指摘してもらったりサービスで空気圧の点検や補充をしてくれる機会が圧倒的に減っているのだろう。セルフスタンドでもエア補充用のポンプが置いてあるところもあるので上手に活用するとよいだろう。
DSC_3409

レイブリックにオイル交換などでご来店されたお客さま、タイヤ空気圧が気になる方は一声掛けていただければ無料で点検調整しますよ!