小学生の自転車事故 母親に9500万円賠償命令 神戸地裁
これは昨日のニュース。お子様が運転する自転車と歩行者が衝突し、歩行者が重傷を負ってしまったというもの。この事故に対し、自転車運転の子供の母親に9,500万円の損害賠償命令の判決が下った。双方のお気持ちを考えると安易にコメントできないほど辛い事故の現実である。

さて、この場合、加害事故を担保する保険は賠償責任保険がそれにあたる。単独での賠償責任保険もあるが、我々自動車業者が主に取り扱う自動車保険でもオプションで個人賠償責任特約を付けることができる。今回のような自転車事故を含め、相手に怪我をさせてしまったり物を壊したしまったなどの場合の補償であり、同居の家族と別居の未婚の子が被保険者となる。家族でひとつ、自動車保険に個人賠責特約を付けておけば全員が担保されるので、一家に2台のクルマがある場合にはどちらか一方にだけ掛けておけばよい。家を出て下宿で一人暮らしをしているお子様までカバーできる。
自動車を運転することに対する保険はみなさん慎重だが、自転車については見落とされがち。特にお子様がいらっしゃるご家庭のみなさんは、こういった保険に入っているか、一度チェックされることをお勧めします。