およそ10年ぐらい前のことだったと思う、保険会社による保険金不払い問題というものがあった。例えば自動車保険の場合、契約者が事故時のレンタカー特約を付けていたとして、実際に車両事故を起こした際に契約者から「修理中のレンタカーを貸して欲しい」という要望がなかったからと、保険会社がスルーしてしまうというもの。契約者は、自分がどんな内容の保険に入っているか、皆が詳細まで理解していない。それに乗じて保険会社は「請求されなかったから」と、保険金を支払わなかった。同様に、様々なケースで契約していたにも関わらず保険金が支払われなかったことが明るみになり、日本のほとんどの保険会社が過去にさかのぼって保険金を支払うことになった。
当然だが、保険会社各社は「持ち出し」が多くなり、経営状態にも大きく影響した。例えば自動車保険の場合、事故率が上がれば、つまり保険金の支払い額が上がれば保険料は高くなる。保険会社が”きちんと”保険金を支払ってくれることは契約者にとっては嬉しいことではあるが、同時にグルリと回って保険料が高くなって跳ね返ってくるわけだ。

原因はこれだけではないが、自動車保険料は年々高くなってきた。保険料改正の度に値上げ値上げで、無事故で割引きが進んでいるにも関わらず保険料は高くなるという現象も起きている。
そんな中、久しぶりに保険料値下げのニュースが入った。新聞記事によれば、自動ブレーキなど自動車の安全装備が充実してきたことで事故の発生率が下がり、保険会社は持ち出しが減ってきた。それを保険料に反映したかたちだ。しかも嬉しいことに若年層の保険で値下げ幅を大きくするとのこと。ちょうど私の息子らもその対象。クルマに興味を持つ若者の負担が減ることは大歓迎。
とりあえず三井住友生命海上火災保険が記事になっていたが、レイブリックが代理店を務める損保ジャパン日本興亜もきと追従してくるはず。期待を込めて!
image