新成人のみなさん、そして新成人の親御さん、おめでとうございます。
成人の日は明日だが、私の地元もそうだが、今日式典が行われているところも多いだろう。名古屋はあいにくの雨だが。

我が家も長男が成人した。学費などの金銭面を除いて、もうほとんど親の手から離れているのが現状。その「金銭面」ということでは、先日案内が届いた年金についてもそう。学生納付特例制度というものがあるので、在学中は納付の免除が可能。ただし、その分は先延ばしされているだけで就職したらその後の本来の分と合わせてダブルで負担がかかることになる。
特例を使うかどうかはそれぞれご家庭の方針があるだろう。家庭内でも意見が分かれるかもしれない。もっとも年金だけでなく、学費の負担にしても奨学金制度を使って将来本人が返済するケースもあり、そのほか仕送りや小遣い、自動車購入や留学費用など、どこまでを親が払ってどこからを本人の負担にするかなど、何が当たり前かなんてものはない。
ただ、私見だが、年金に関しては学生に強制加入ってのはどうかと思うなあ・・。とりあえず、加藤家では子供が学生の間は学費や年金は親が払うつもりでいる。

金銭面の援助はともかく、長男は先日20歳の誕生日も迎え、そして今日は成人式。大人になったというひとつの区切りを迎えたことは事実。親としてはまたひとつ肩の荷が降りた感じ。
加藤ブログ