2006年モデル、レンジローバー・スポーツのインテリアリフレッシュが無事に完了した。10年余が過ぎ、ルーフヘッドライニングやピラートリム、サンバイザーの表皮が剥がれ始めたのをきっかけに、それならいっそイメージチェンジを!と、従来のライトベージュからチャコールに変更しようというオーナーさまのご希望による作業であった。
カラー変更伴い、関連するパーツの交換等も必要になった。アシストグリップやスピーカーグリル、ルームランプのハウジング、細かなものではサバイザーの留め具などなど、それらも統一感を持たせるためにチャコールに合わせる必要があった。新品パーツを揃えたものもあるが、塗装を施した小モノもあった。コストや手間とのバランスで細かな方法はお任せいただいた格好だ。
出来上がりはこちら!ぐっとシックな雰囲気になった。
レンジローバー
レンジローバースポーツ

最近のランドローバーは、新車オーダー時にルーフヘッドライニングのカラー選択ができる車種が増えている。ルーフヘッドライニングやピラーを、今回のようにチャコールにするメニューもある。色の趣味はさまざまで、それがまさに個性であると思うが、私個人としては今回のオーナーさまが選ばれたコーディネイトは大賛成。私の場合、特に夜のドライブで感じるのだが、視界から余分な明るさが消えて必要な灯りだけが自然に体に届く感じがする。そして、運転に必要な多くの光もそうだが、夜の風景がより綺麗に見える気がする。
レンジローバー