クラシックレンジローバーのトランスファーのノブのネジ部分は樹脂製。これが劣化でボロボロになる。オフロード走行をするとき以外、通常走行ではトランスファーをLoモードに切り替えることはほとんどない。雪道の下り坂で使ったことがあるが、それぐらいかも。
それでも、いざ操作した時に樹脂のネジが砕けてノブがコロッと外れしまうのも気持ちいいものではない。
バンデンプラのシフトノブも例外ではなく、ちょっと触ってみると既にグラグラの状態だった。
さっそくお決まりの修理。樹脂ナット部分を取り去り、金属製のナットを嵌め込む。そして隙間に接着剤を流し込んで固めれば完成。
トランスファーレバーを操作することは滅多にないが、愛車がいつも最高のコンディションに整えられていることが嬉しい。
レンジローバーバンデンプラ
レンジローバー
レンジローバークラシック