バンデンプラはちょこちょこと細かな不具合いを抱えている。まあ、このままでも良いかと思って流している部分もあるのだが、しかし気が向くと急にクルマいじりをしたくもなる。今日はリヤゲートハンドルの修理をした。
リヤゲートが集中ロックで連動しなくなっていたのだが、直接キーを刺して回せば開閉できるので急を要するものではなかった。ただ、時々リヤゲートのロックをし忘れてしまうこともあったので不用心ではあった。そのリヤゲートハンドルだが、これはクラシック・レンジローバーにとっては代表的な不具合いではあるが、内部の金属製のカムが経年劣化で折れてしまうのだ。
レンジローバー・クラシック
これは新品。
レンジローバークラシック
これが折れてしまったもの。
たったこれだけのことだが、ハンドルASSYを交換することになる。

レンジローバー
さて、新品のハンドルASSYにはそれにあった新品キーもセットで付いてくる。ご丁寧に二本も。ただ、このまま使ってしまうとイグニション用とリヤゲート用、二種類のキーを持たねばならなくなる。それは面倒だし、キーホルダーがジャラジャラになる。
ところが、それはキーシリンダー内部のタンブラーという小さなパーツを組み替えることで従来のキーを使えるようにできる。
レンジローバー_クラシック

リモコンキーでロック・アンロックをして完成検査。無事に終了!
rangerover