ここはレイブリックの社屋内。階段を上り渡り廊下を通ると。写真では見えにくいがその先に扉がある。扉の先はご覧の通り、特に珍しいものがあるわけではなく、ただの物置である。物置は必要なスペースではあるが、整理整頓を進めることで更に有効に使うことはできそうである。
ランドローバーSHOP
ランドローバーBY

実は、スタッフから「社内に休憩できるスペースが欲しい」という声が届いた。狭い社屋内だが、それでもいろいろ見渡したところ、この物置スペースに改装の余地がありそうに感じたというわけである。
スタッフがゆっくりとお弁当を食べたりソファーでのんびり休憩できる、そんな空間をこれから計画してみようと思う。そして代表の平野からは、バックヤードながらせっかくだから英国の雰囲気を表現できないものか、というリクエストも出た。
少しハードルが上がったが、更に気合いが入るというもの。よし、久しぶりに加藤工務店を開くとしよう!