さっそく旅に、というほどのものではないが、ちょっと岐阜県の山間いををドライブしてきた。ここは恵那市岩村町。古い街並みが残された城下町である。歩くと昭和レトロな懐かしい感じがするのだが、いえいえそんなものではなく江戸時代から続いているものもまだ数多く残されているのだという。
このあたりを素通りをしたことはあったが、クルマから降りてゆっくり歩くのは初めてだった。街並みの印象としては、観光のためにわざとらしく残されたり演出されたものではなく、地元の方によって大切に維持されてきた、そんな感じがする。時代を感じる建物や文化そのものが丁寧に守られているようで、とても自然なたたずまいなのである。

そころでここ岩村だが、私はそれを知らずに訪れたのだが、この4月から始まるNHKの連続ドラマ「半分、青い」の舞台となったところなのだ。時代背景は昭和40年代ぐらいとのこと。まさに私の幼少の時代である。
街並みを見れば分かるが、ロケ地としては最適!たいしてセットを作り込むことなく、ほとんどがそのまんま「昭和」なのでとても良い雰囲気が出たと思う。

それにしても、近くにこんなにも心落ち着く美しい場所があったとは、知らなかったなあ!今まで多くの素晴らしいものを見逃してきたと思う。これからはいろいろ足を延ばしてみよう。
DSC_0093
DSC_0096
DSC_0092
DSC_0097
DSC_0107
DSC_0094
DSC_0104