そもそもバンデンプラに乗ってふらりと旅に出て、予定にとらわれずに眠くなったその場所でぐっすり眠るために車中泊の計画をし始めた。思いつた最も簡単な方法は、リヤシートを取り外してフラットにして広いスペースを作ること。しかし、これには法律の壁が立ちはだかる。リヤシートを取り外せば乗車定員は2名となり、そのために車検証の記載事項を変更するための登録が必要になる。因みにバンデンプラのリヤシートを取り外して広いラゲッジシペースを作り上げると、日本ではそれは「バン」となる。ナンバーは「1」ナンバーとなる。リヤシートを取り外す作業も登録そのものもそれほど面倒なことではないが、恒久的に2名定員にしてしまうのもやはり問題がある。また「1ナンバー」もどうもバンデンプラには似合わない。
そんなことで手軽にセッティングできるベッドキットに着目したわけである。

そんなことで作り始めた、他車種から流用のベッドキットはひとまず完成。「ひとまず」とは、あり合わせの材料で作ったためにその木材が太くてとてもスタイリッシュとはいえないから。これをモックアップとして、よりスリムな材料を使って作り直したいところ。適した木材をホームセンターに買いに行きたくなる衝動に駆られているのだが、まずは小遣いを無駄遣いせずこれで一度ベッドとして使ってみようとぐっと堪えている。実際に使ってみて、使いづらいところが出たらその時に改良を加えればよい。
自撮りではうまく撮影できなかったが、試しにここで寝転んでみた。天井は近いが寝るには十分なスペースが出来上がった。

いよいよ車中泊の旅の支度も佳境に入ってきた!
レンジローバー