今日は25℃まで気温が上がった。体が慣れていないせいか、もっと暑く感じた一日だった。
こんな陽気になって、ようやくバンデンプラのタイヤをスタッドレスタイヤから夏タイヤへ履き替えたのであった。特に理由があるわけではなく、ただ腰が重かっただけ・・。

スタッドレスタイヤと夏タイヤはそれぞれホイールと組み合わせている。私のバンデンプラの場合、スタッドレスタイヤにはロスタイルと呼ばれる純正スチールホイールを、夏用タイヤには1993年までの前期モデル用の純正アルミホイールを組み合わせている。それぞれがクラシック・レンジローバーによく似合い、仮にどちらか一方と言われてもとても迷う。そんな両者なので、季節ごとにハメ替えるはとても楽しみなことである。

今回のようにホイールを脱着する作業の場合、ブレーキパッドの残量やアクスルオイルの漏れなどついでに周辺も点検しながら作業を進める。タイヤの空気圧もチェックするのだが、例えば一本だけ空気圧が低いことが分かった時など、トレッド面を点検すると釘が刺さっていることが見つかったりする。夏用~冬用のタイヤのハメ替え作業は、まんざら半年に一度の簡易点検でもある。

レンジローバー