ベッドキットでの初めての車中泊だったが、期待どおり快適でとてもよく眠れた。これはハマりそうだ!ゆっくり眠れたせいでそれなら早朝に出発したほうが到着が早かったじゃないかと思えるほどだが、そもそも旅を急ぐための手段ではないのでそれを考えるのはやめておこう。笑

とにかく、旅に出た。最初に向かったのは東京。クルマで都内に入ってくるのは3年ぶり。懐かしさもある。新しく開通した道路もあった。また、記憶が薄れている部分もある‥。とにかく、久しぶりの東京。
昨夜、バンデンプラのファーストオーナーさまに連絡をした。旅の始めに、まずはバンデンプラが相変わらず元気であることの報告をしたかったから。ファーストオーナーさまは急なアポイントであったにも関わらず、時間を作って都合をつけてくださった。 
バンデンプラをお譲りいただいて7ヶ月が経ち、その間に既に12,000キロを走行した。その間のクルマの状態のこと、そしてその間のお互いの健康のこと、さらにはゴルフの調子などを報告しあった。ランドローバーが結びつけてくれた穏やかな時間、そしてとても素敵な瞬間。出会いと巡り合わせに感謝。ありがとうございました。
そうそう、ファーストオーナーさまはこんな話をしてくださった。「いいかげん」、取り方によっては「テキトー」ともとれるが、そうではなく、「適度な」という意味の「良い、加減」。どんなことでも完璧を目指すのはとても難しいことです。バンデンプラを“いい”加減に維持していってください、と。とても難しいニュアンスでもあるが、クラシック・レンジローバーらしく大切に乗り続けていこうと思う。