とあるカフェで行われた木工教室に参加してきた。本職は家具職人をされている方が先生として招かれ、我々カフェのお客さんが先生に教えてもらいながら作品を作るというイベントだった。

今日の課題はクルミの木を使ったコーヒーメジャースプーン作り。円筒形の穴や、大まかな輪郭までが仕込まれたカクカクの素材からスタート。あとは手刀や彫刻刀でひたすら手作業で削る。未完成の場合は持ち帰ってもよいのだが、とりあえずの制限時間は3時間。かなりタイトだ。

katobrog

私はキャンプでの使用をイメージし、柄の部分を短くカットしたデザインにした。コーヒー豆の袋や缶にコロンと納めらるようにと考えたわけだ。それでも、持ちやすいように指の形に合わせて凹みをつけたところがポイント。
本体部分の肉厚をもう少し薄くしたかったが、時間はあっという間に過ぎてしまった。ペーパーを掛けて一気に完成にもっていったのであった。

加藤brog

最後に焼きペンでイニシャルを入れ、クルミ油を染み込ませて完成。オンリーワンのメジャースプーンは予想以上の満足度!
次はカトラリーや調理器具にチャレンジしたい。自分で作ったアイテムを使えば、キャンプは何倍も楽しいものになること間違いなし!

加藤ブログ