7656841294d74f7b

封切前から楽しみにしていた映画「ボヘミアン・ラプソディー」を、今日、ようやく観にいくことができた。

学生時代、Queenの音楽を聴きながら多くの時間を過ごした。受験生でもあった高校3年の時には、さらに定期試験の真っ最中だったにも関わらず来日公演に出かけた。初めて見る”生”のQueen、それはそれは興奮した。そして神秘的にさえも感じた。
大学時代にもういちどQueenのライブに行くことができた。しかしフレディ・マーキュリーの生歌を聴くことができたのはそれが最後だった・・・。その頃は〇〇ロスなんて表現を聞いたことがなかったが、当時の私はまさにQueen lossだった。


さて、映画だが、私がQueenのファンであることは確かに大前提ではあるが、ラスト30分は涙が溢れっぱなしだった。イギリスのウェンブリー・スタジアムでのチャリティーライブの様子は、それが極めて忠実に再現されているだけに余計に心を揺さぶられた。
今は映画の余韻が大きすぎるから少し大袈裟ではあると思うが、私の残りの人生、聴くことができる音楽がQueenだけになってもよいと感じるほどである。とりあえず上映中に最低もういちど観にいこう!