年末ギリギリになってようやくバンデンプラのタイヤをスタッドレスにハメ替えた。ホイールはランドローバー純正のロスタイルと呼ばれるスチールホイール。これまではパーツ供給された状態のブラックカラーで使用していたのだが、今回イメージチェンジを図りシルバーに塗装をしてみた。

作業はホームセンターで購入した缶スプレーを使用して自宅で行ったのだが、先に申し上げておくが、これはあくまで個人で楽しむレベルのもので、レイブリックとしてお客さまにご提供できるクォリティーにはほど遠いものである。タイヤからホイールを取り外さずにマスキングで行うため、リム回りの仕上げはどうしても曖昧になる。また晴れたとはいえ、師走の寒さの中では上手く塗装できるはずがない。多少の塗装ムラも仕方がない。これは、もう少し温かい季節にやっておけば少しはマシになたと思うが。
とにかく、「自分で作業をすることの楽しみ」が最大の目的だ。

ということで作業開始!まずはマスキング。タイヤ部分に塗装が付かないようにできるだけ丁寧に覆う。そしてサンドペーパーを使ってホイールの塗装面を擦るす。サンドペーパーで表面を敢えてザラザラにするのだが、それによって塗装の”付き”をよくするわけだ。次にプライマー塗装。(このあたりの工程の写真を撮り忘れてしまった・・・)
そしていよいよシルバー塗装。数回に分けて重ね塗りをするわけだが、印象的には徐々に割とタップリと吹き付けるようにするといい艶が出てくる感じ。結局、4本のホイールに対し、4本のスプレー缶を使った。
さて、仕上げのほどは?近くで見るとそれはそれは酷いもの・・・。繰り返しになるが、この方法はとてもお客さまからお金をいただけるクォリティーではない。それでも、個人的には十分に想定内の仕上がり。この冬のドライブを楽しめそうだ。それを自らの手でやれたことに満足!
DSC_0781
DSC_0782
DSC_0783
DSC_0870