愛知県には知多半島という、伊勢湾に突き出た半島がある。地元からのアクセスも良いので、グルメドライブなどでも行きやすい場所だ。昨日は始めて知多半島を歩いた。寒い季節なので山方面へ向かわずに少しでも南へと目を向けたのである。ネットで「オレンジライン」というハイキングコースを見つけたのでさっそく歩きに行ってみた。 オレンジコースは知多半島の東西の海岸近くの電車の駅がそれぞれスタートゴール地点となるおよそ11kmのコース。私は西側の知多奥田駅からスタートすることにした。知多半島はドライブで何度も訪れている場所。半島の西側は伊勢湾に、東側は三河湾に面しているのだが、まさかその間を徒歩で超えることになるとは!我ながら驚きながら歩き始めたのであった。
DSC_0956
一旦は駅から更に西に向かって歩き、完全に海岸に出た。遠くには中部国際空港が見える。強く冷たい風の中、少し海岸線を北上し、そこから今度は東に向かって半島を横断していくというルート。
DSC_0970
半島の標高はそれほどないのだろう。多少のアップダウンはあるが、登山というほどの負担はない。町中を抜けるエリアもあれば、みかん畑や水田の中の農道、そして林間と景色は移り変わっていく。決して絶景が待っているというコースではないが、退屈になるほどでもない。
DSC_0960
気候は日中の気温でも10℃にも満たないほどだが、むしろこれぐらいでちょうど良いようだ。ウォーキングは冬にはもってこいかもしれない。後半で股関節に疲れを感じたが、3時間ほどで無事にゴール地点の河和口駅に到着。ゴルフでも歩行プレーをすることもあって、距離的には10km近くは歩くこともあるが、プレーをしながらだし休憩もとれるので歩きっぱなしというわけではない。一気の11kmは大人になってからの最長距離だと思う。 まだ大きなことは言えないが、こうして足腰のトレーニングを重ねて、やがては高い山に登ってみたいという目標もある。無理せずに頑張っていこう!