もしも上皇陛下が生前ご退位のご意思を示されなければ、今日はただの5月1日でした。ゴールデンウイークの合間の平日の一日に過ぎなかった今日が、令和元年の幕開けとなる特別な日になったことは私自身の意識のなかでもとても大きいものです。時代の移り変わりを自分の人生に被せながら、この改元をきっかけに、また新たな領域に向かっていく勇気をもらえたような気がします。改めて平成の時代に感謝し、令和への思いを感じているところです。