LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

カテゴリ: イベント

恒例のレイブリック・ゴルフコンペも今回で第11回目。紅葉の季節、絶好のゴルフ日和に恵まれた。ただ、午前中から風が強く、予報どおり4〜5m/sの強風が吹き荒れていた。そんな風の中では私などとてもスコアを組み立てられない(笑)。案の定、スタートホールはフックボールが風にも流されてオービー・・・。この風では仕方がないな。言い訳ができたところで、とにかく一日楽しく楽しく!
今日のコースの目玉は各カートにリーダーズボードがあること。全員のスコアがリアルタイムで確認できる。「お、○○さん、ダボ打ったぞ」、「○○さん、バーディーで一打取り返したな」、「○○さん、崩れないなあ〜」などなど、ゴルフ中継を見ているかのごとく盛り上がった。
コースや商品選びは企画する側の私の楽しみでもあるが、みなさんにご満足していただけるかどうかは毎回不安でもある。自分自身も、もっとこうすればよかった、ああすればよかったと反省点も生まれる。毎度毎度、コンペが終わるたびに次回はもっと楽しんでいただけるコンペにしようと思う。第12回もがんばろう!
DSC_3723
DSC_3727
CM161123-085507010
CM161123-085707007
BlogPaint
DSC_3731
DSC_3739
CM161123-144940016

昨日は朝霧高原でのバーベキューイベント「LANDCOMFORT MEETING - in the fierd 2016-」を開催した。開通した新東名(豊田〜浜松)のおかげで名古屋方面からのアクセスはずいぶん楽になった。とはいえ、レイブリックから往復でおよそ450km。一日での走破は、いくらランドローバーとはいえ決して楽なものではない。それでも毎年多くの方に参加していただける。とても嬉しい。
毎年のことながら、最も肝心になるのは天気。今年の場合、天気予報は「曇り」と「曇り時々雨」をいったりきたり。降水確率も20~30%、午後にはそれが40%になったりと、降るか降らないか何とも予測が立てにくかった。時間が遅くなるにつれて降水確率が上がっていくようだったので、なんとか夕方までもってくれればと願いながら開催を決めたのであった。
いざ当日、11時ごろから始めたバーベキューだったが、午後1時ごろになるとさっきまでキレイに見えていた富士山は雲に隠れてしまった。富士山が見えなくなったのは残念だが、風が出てきて少し涼しくなってバーベキューには最適な爽やかさ。このままこのまま、もう少し!そう祈りながらも、徐々に雨を含んていそうな雲に覆われてきた。降り始めたらいつもで撤収できるようにと、徐々に片付けを進めながらそれでもお腹いっぱいになるまでバーベキューを続けることはできた。ちょっと気をもんだがギリギリセーフ、かな。

私は何組かのお客さまと共に前日からテント泊だったので、まだ晴れていた朝の美しい富士山を見ることができた。しかし遠いところから日帰りでお越しいただいたみなさんには楽しんでいただける時間が短く、申し訳ない気持ちでいっぱい。また次回、あるいは別の機会で挽回させてください!

とにもかくにも、今回も様々な料理を味わい、騒ぎ、語らい、とても充実した時間を過ごすことができた。多くのみなさまと、そして大自然に感謝!

DSC_3606
22日(土)午後、朝霧高原ふもとっぱらに到着。うっすら見える富士、ずっしりと重い雲・・・。
DSC_3607
日暮れも早そうなのでさっそくテントを設営

DSC_3609
深夜まで焚き火を囲んで団らん。このころから雲が流れて星空が見えるようになった。

DSC_3610
美しい朝焼け

DSC_3613
そして日の出

DSC_3619
当日組の皆さまも合流しバーベキュー開始!

DSC_3622
徐々に迫る雨雲・・・

unnamed
真っ白な空。富士山が見えなくなったのが残念。でも参加くださりありがとうございました!

あさって23日(日)は、レイブリック秋の恒例行事、朝霧高原でのバーベキューイベント。心配している天気は、ん〜〜、降水確率は低いとはいえ今のところ曇りの予報・・・。富士山は見えるだろうか。それでも天気が好転することを祈りながら開催の予定。
私は自称「晴れ男」。だいたいイベントは晴天で迎えられる。ただ、稀にハズレることもあり、そんな時は台風などの超がつくほどの悪天候。中途半端な曇り空などはあまりない。今回もそんなジンクスを信じて晴天を願っていよう!
私は何名かのお客さまと共に明日からテント泊。昨年は深夜からの強風で大変な思いをしたが、予報では穏やかな夜になるもよう。夜半には雲がなくなるようなので雄大な星空が見られるかも。
今日、テントなどのキャンプ道具をイヴォークに積み込んだ。トランクが狭いので心配していたが、一通りのものはちゃんと収まった。オイル交換もし、タイヤ空気圧もチェックした。洗車も済ませ、あとはガソリンを満タンにして準備完了。でもイベントの前は興奮してなかなか寝付けないんだよなあ。(笑) とりあえずおやすみなさい。
DSC_3599

レイブリック20年目にして初開催のオフロード走行イベントを、今日、無事に終えることができた。正直な感想は、もっと早くやればよかった!ということ。例えば、最近ではランドローバーのオフロード走行シーンはYoutubeなどのインターネット動画サイトでも容易に見られるようになり、その性能の高さは今更誰が言うまでもないことである。しかし、実際にそういうクルマに乗って激しい凸凹路面の坂を登ったり下ったり、経験したことのない感覚を味わうことがこれほど感動的だとは思わなかった。その様子はお客さまの表情を見れば一目瞭然。「この坂、行けるですか?!」写真には収められなかったが、そんな悪路をクリアするごとに、驚きのあまりもう笑うしかない!そんな表情があちらこちらで見られた。参加していただいたお客さまから、このイベントは定期的にお願いします!というリクエストもいただいた。本当に開催してよかったと思う。
そして私自身も、今回クリアできなかったセクションを次回は絶対に克服したいと思った。大きな岩場の急斜面など、タイヤが滑ってどうにも進めない場所がいくつかあった。クルマのセッティングを煮詰め、運転技術を上げる必要がある。次回までの私の課題である。それができれば、次回にはお客さまにはもっと楽しんでいただけるイベントにすることができる。楽しみながら頑張ろう!
参加してくださったお客さま、今日は充実した一日をありがとうございました。

1_large
3_large
4_large
6_large
9_large
14_large
26_large
35_large
36_large
42_large
38_large
53_large
59_large
44_large

いよいよ明日はレイブリック初開催となるオフロードイベント。何事も準備が大切。お客さまにイベントを安全に楽しんでいただくためには、周到な準備が必要となる。今日、そのためにディスカバリー3に乗って直前の下見をしてきた。
オフロードを走破するにはドライバーの技術とクルマの性能が共に必要になるのだが、クルマの性能が良ければその分ドライバーの技量をカバーしてくれる。ディスカバリー3がまさにそう。テレインレスポンス・システムとヒルディセントコントロールの電子ディバイスに助けられ、クルマを安全に前進させてくれる。
ただ、いくら頑張ってもそのクルマでは進めないセクションもある。その判断を誤るとスタックしたり、更には横転したりとトラブルになる。今日の下見では、自身の運転技術を再確認するとともと、ディスカバリー3で「これ以上は危ない!」という境界線を探ってきた。もちろん横転まではさせていないので本当のギリギリまでとはいかないが、それでもディスカバリー3のパフォーマンスを、かなり高いレベルで発揮させられたと思う。明日参加していただけるお客さまにも良いアドバイスができるはず。
心配している雨も朝までには止むようで日中は大丈夫そう。バーベキューも心配なさそうだ。準備は整った!あとは明日、お客さまと共に思いっきり楽しもう!

※飛び入り参加大歓迎です
明日のイベントは昼食でバーベキューを楽しみますが、既に参加申し込みをいただいている方の分の食材は準備を済ませております。食材持参でお越しいただければバーベキューにも飛び入りでご参加いただけます。バーベキューは場内の「森林休憩場Aサイト」で行います。直接お越しいただければ結構です。
バーベキューには参加されず、オフロード走行だけでも構いません。ご興味のある方はどうぞお気軽にお越しください。
  • 会場 さなげアドベンチャーフィールド http://www.lc-saf.co.jp/
  • 時間 10:30〜17:00
  • DSC_3378
    DSC_3367
    DSC_3386

    オフロード走行&バーベキューを楽しむイベントの開催決定!
    例えばスポーツカーの最大性能を試そうと思っても一般公道ではそれは全く無理。ストレートの最高速度も、スピンするのではないかと思うほどのスピードでのコーナリング性能も、そういったことを知ろうと思えばサーキットなど閉鎖された場所に持ち込むしかない。
    オフロードもそう。乗用車では進めないほどの悪路など、日常生活ではありえない。いくらランドローバーが想像を超えるほどの走行性能を持っていても、公道ではそれを試すことはできない。
    そんな非日常を体験するために、ランドローバーを「オフロードコース」に持ち込んでみよう!そんなイベントを開催することにした。レイブリック20年目にして初の試み。もっと早くにやったほうがよかったよな・・・。ツーリングやゴルフコンペはもう何度もやっているのに。腰が重くてスミマセン。。
    とにかく、初の開催なので、みなさんがどれだけ興味を持たれているか、そしてどんなふうに楽しんでいただけるかは全く未知数。それも含めて楽しみである!もしも今回のイベントが失敗したなら、これが最初で最後のオフロード走行会になる可能性も・・・。

    レイブリックのお客さまにはさっそくご案内をお送りする予定だが、そりあえず決まっていることは以下のとおり。施設の予約が一カ月前からだったので、ギリギリのご案内になってしまったが、都合がよければ是非参加してしてください。

      ■日時:8月28日(日) 10:30〜17:00ごろ
      ■場所:さなげアドベンチャーフィールド
      ■昼食:場内でバーベキュー
      ■費用:およそ2,000円+走行費

    DSC_3215
    DSC_3216
    写真はイメージです。1996年、英国ヘリテイジモーターセンターにて。




    加藤ブログ
    オフロード走行会開催を計画中!せっかくランドローバーに乗っているのだから、限界ギリギリとまではいかなくとも、「こんなこと出来ちゃうんだ!」というぐらいの走りは経験したいし、オーナーのみなさんにも是非体験してもらいたい。
    バーベキューもやって、助手席に乗って来た人はビールも飲んで、そんな一日にしたいと考えている。今日はその会場候補地の視察に出かけてきた。イヴォークではオフロード走行にも限界がある。というか、走破はできると思うが、下回りは擦りまくるだろうとコースの方も仰る。走ってみるつもりで出かけたのだが、躊躇してしまった・・・。ということで、今日はコースを見ただけ。開催が決定したら、今度はこのコースにディスカバリー3でも持ち込んで実際に走らせてみよう。

    レイブリックでは過去10回のゴルフコンペを主催してきた。それ以外に2013年には「ランドコンフォート・ゴルフミーティング」と名付け、東京のオートクラフトと共同で開催した。今日はその二回目、再び山梨県小淵沢に於いてオートクラフトとの共同開催コンペを開催することができた。私がオートクラフトの代表を務めていた頃のお客さまとも久しぶりにお会いすることができた。
    レイブリック主催のコンペは、これまで愛知県かお隣の岐阜県内でのゴルフ場で行ってきた。東海地方以外にお住まいのレイブリックのお客さまは、遠方のため、なかなか参加していただける機会がない。今回は山梨県での開催だったので関東地方からも比較的アクセスがよく、そのおかげで参加していただける方もいらっしゃった。普段のコンペはだいたい4〜5組。今日は共同開催で3組と少人数でのコンペではあったが、それでも普段お会いできないお客さまとラウンドできたことはとても有意義だった。
    参加してくださったお客さま、今日は素敵な一日をありがとうございました。さあ、次回はどこで開催しようかな。既に楽しみが始まっている!
    landcomfort
    レイブリック_ゴルフコンペ

    昨日の続きを。

    強風の影響で一時は中止を考えただけに、余計に無事にイベントを終えられたことの歓びが大きいのだと思う。

    イベントの直前、参加予定の方から「加藤さん、ゲームを考えているので賞品をひとつだけ用意しておいてください」とのリクエストをいただいた。ゲームの内容はお楽しみ!と、私も当日まで知らされることなく賞品だけ準備して出かけた。
    さて、当日、バーベキューを楽しみ、子供たちの写生会も済ませ、さあゲームの始まり!それは「じゃんけん列車」というものだった。まず、近くの人とじゃんけんをする。負けた人は勝った人の後ろについて肩を持って繋がっていく。先頭の人はまた近くの人とじゃんけんをする。負けた人、既に列になっているわけだが、その列はそのまま勝った人の列の後ろに繋がっていく。倍々で列車のように長くなっていくわけだ。負けた人がその場で座っていくとか、とにかく勝った人だけが残っていけば良いわけなのだが、そういうわけにはいかない。後ろに繋がっていくことが肝心で、それがやたらと楽しい!負けた列は、付くべき列の最後尾を探してクネクネと連なっていく。負けても楽しい。なんだか自然に笑えてしまうだ。
    そして長い列は最後のふたつになった。決勝戦!賞品はディフェンダーのラジコンカー。決勝は子供と大人。決勝のふたりも、その後ろに列車になて繋がっている人も、やはり子供の勝利を祈るのは自然な流れ。
    じゃんけんぽ〜んっ!あ"〜〜〜〜っ!買ったのは大人。大爆笑!!!天を仰ぐ当事者のふたり。オチとしては最高だが、やはりランドローバーのオーナーさまは心優しい。無事にお子さまへプレゼントされたのであった。譲っていただいたお客さま、ありがとうございました。とても心温まる楽しいゲームだった。提案してくださったお客さまに感謝。
    大人になってもこんなふうに笑い合えることってあるんだなあ!それがとても嬉しい。イベントを重ねることで顔見知りになったお客さまもいらっしゃるが、今日、初めて出会った人も大半。そんな知らない者同士がこんなふうに肩を持って繋がって笑い合えるなんて、なんて素敵な世界なんだろう。
    この日が終わるとすぐ、あるお客さまから「もう来年のバーベキューのメニューを考えましたよ!」と言われた。こんなふうに来年も再来年も、ずっと続けていけられるイベントに育てていきたいと心から思った。

    名古屋方面から参加の方には朗報。来年2月には新東名高速道路の豊田〜いなさ間が開通する。朝霧高原へのアクセスもずっと楽になるだろう。来年も快晴の元でイベントが開催できることを祈って。
    IMGP7889 (1)
    IMGP7890
    IMGP7891
    IMGP7895
    IMGP7901

    今年も残すところまもなくあと二日。今年もいろいろな出来事があった。その中で思い出深いのは、もう何度もブログでも取り上げてきたが、10月に富士山麓朝霧高原で開催したイベント「LAND COMFORT MEETING -in the feild 2015- 」だなあ。今夜はその思い出話を。

    私はイベント前日からテント泊のキャンプをした。同様に前日入りした3組のお客さまと共に夕食を作り、食べ、語り、穏やかな夜を過ごした。大自然の空気は冷たかったが、その分焚火の火が温かくて心地よく、あの夜感じた「熱」を今でも体が覚えているほどである。
    普段は毎晩夜更かしをする私だが、キャンプとなれば話は違う。午後10時過ぎにはテントに入ってシュラフに潜り込んだ。ところが事件は深夜に起きた。
    午前0時を過ぎたころ、風がテントを激しくバタつかせる音で目が覚めた。テントの骨も大きくゆがむほどの強風で、壊れて吹き飛ばされてしまうのではないかと心配になり、すっかり目が覚めてしまった。そして外の様子が気になった。タープや、折たたみテーブルやチェアや、置いたままのキャンプ道具は大丈夫だろうか?私はテントのファスナーを開けて首を出して外を見回した。すると、そこのあったはずのタープが無い。やばい!どこかに飛んでいってしまったようだ。他のキャンパーのテントやクルマに当たったりしていないだろうか。すぐにダウンを着こんでテントを出ようとした。しかし、出られなかった。迂闊だった・・・。テントをしっかりペグで固定していなかったので、私がテントから出ようとするとテントが飛ばされそうになってしまう。どうすればいい、どうすれば・・・。しばらくすると向かいのテントの人が出てきたので、その人に私のテントに入っていて飛ばないようにしてもらい、私はクルマからペグとロープを取り出して二重三重の補強をした。
    飛んでいったタープは数十メートル先の別のグループのテントに被さるように止まっていた。さぞ驚かれただろうが、大きな迷惑を掛けることもなかったのは幸いだった。その間には数台のクルマもあったのだが、奇跡的にその間をすり抜けていってくれたようだ。
    そんなこんなで、再び眠気がやってきたのは2時だったか3時だったか、それはそれは予想外の展開だった。
    朝、富士の稜線から太陽が差し込んでくる光景はとても美しかった。しかし、相変わらず風は強い。太陽が昇って少し気温が上がれば少しずつ穏やかになるだろうか。果たしてイベントはできるのだろうか?そんな心配をよそに、冷たい風の中で食べる温かい朝食はとても美味しかった。
    朝食が終わり、片付けを済ませる頃になると、徐々にイベントに参加のみなさんが到着しはじめた。10時、すっかり陽は昇っているが風はいっこうに止まない。時には突風が吹き、テーブルに置いたマグカップも飛ばされてしまうほど。小さなお子様もいるし、こんな中ではとても安全にバーベキューなどできない。主催者としてはやはりみなさんの安全を考えなければならない。集まり、しかし、バーベキューをせずに帰る。そんな最悪のケースも想定しながら、続々と集まってくださるみなさんをお迎えした。
    キャンプ場に相談すると、屋根がある半屋内のスペースを貸してくれることになった。幾分、風は凌げそうだ。そして天気予報によれば午後からは風は止む。集まってくださったみなさんに、コップなどの備品が飛ばないよう、火の粉にも気を付けてと注意を告げ、なんとかバーベキューを始めることができたのだった。
    そして炭をおこして食事を始める頃になると予報どおり風はピタリと止んだ。よかった〜!すごく難しい決断だったが、中止にせずによかった。これでバーベキュー無しで記念写真だけ撮って解散していたら、それはそれは残念無念な日になっていたことだろう。

    すみません、書き始めるとついつい長くなってしまって・・・。それに、眠くなってきたので続きはまた明日・・・。

    DSC_1092
    DSC_1100
    DSC_1107
    DSC_1109 (1)
    DSC_1118

    私が積極的にゴルフを始めたのは2004年の秋のこと。ある程度上達し、趣味と呼べるようになったのはその5年後ぐらいだっただろうか。
    お客さまとゴルフの話題になり、是非コンペを開催してくださいよ!と背中を押されたのは2010年の春だった。さっそく企画に入り、その年の秋に第一回を開催することになった。それからは春と秋の恒例イベントとして続け、そして今日、節目となる第10回大会を開催することができた。
    レイブリック_ゴルフコンペ
    参加していただいたお客さま同士も回を重ねるごとに仲良くなり、打ち解け合い、そんなふうにして更に盛り上がっているように感じる。「レイブリックのコンペが、このお仲間のゴルフが一番楽しい」、「これからもこのコンペに出たいからレイブリック以外でクルマを買えないよ!」、そんな嬉しいことを言ってくれるお客さまもいる。参加していただいた方がひとりでも多くそんなふうに思ってくれることを願いながら、毎回さまざまな企画を考えてきたわけでもあるが、しかしこうして続けてこられたのはランドローバーを通じて繋がっているお客さま同士の「輪」そのもののおかげだと感じている。主催者としては感慨深いものがある。

    もちろん、ゴルフコンペはこれからも続けていくつもり。そして来年2016年はレイブリック創業20周年を迎える年。それも踏まえ、ゴルフコンペも何か特別なものにしようかと検討中!次回もどうぞよろしくお願いします。


    2010年秋/ 第1回・・・名古屋グリーンカントリークラブ
    2011年春/ ( 東日本大震災の影響で中止)
    2011年秋/ 第2回・・・南山カントリークラブ
    2012年春/ 第3回・・・南山カントリークラブ
    2012年秋/ 第4回・・・緑ヶ丘カンツリークラブ
    2013年春/ 第5回・・・藤岡カントリークラブ
    2013年秋/ (台風の為、中止)
    2013年冬/ 第6回・・・新南愛知カントリークラブ
    2014年春/ 第7回・・・セントクリークゴルフクラブ
    2014年秋/ 第8回・・・愛岐カントリークラブ
    2015年春/ 第9回・・・富士カントリー可児クラブ
    2015年秋/ 第10回・・・スプリングフィールドゴルフクラブ

    今日開催した富士山麓の朝霧高原でのアウトドアイベント「LAND COMFORT MEETING -in the field-」も今年で4回目。正直、日帰りでのお出かけはかなりタフなものとなる。それでも毎年多くのお客さまに参加していただける。とても嬉しい!

    個人的には、初の前入りテント泊に大興奮だった。夜が明けると想像どおりの絶景!そこへ続々とランドローバーが到着。
    ランドローバー_lcm2015-1
    ランドローバー_lcm2015b
    ランドローバー_lcm2015-2

    未明からの強風が正午近くまで続いたため、今回は屋根下のスペースを利用させていただいて恒例の全員参加型バーベキューの開始。ご家族、ご夫婦、仲間同士、そして毎年のようにここに集うお客さま同士、こども同士、きっとこの雄大な景色がそうさせてくれるのだろうが、自然に笑顔が飛び交う。何を食べても美味しい。時にはいつもどおりいかなかった料理があったとしてもそれはそれで楽しい。
    ランドローバー_lcm2015-3
    ランドローバー_lcm2015-4
    ランドローバー_lcm2015-5
    ランドローバー_lcm2015-6
    ランドローバー_lcm2015-7
    ランドローバー_lcm2015-8
    ランドローバー_lcm2015-9

    このイベント、主役はやっぱりこども達かなあ!こどもにとってはお父さんは世界一カッコよく、お母さんは世界一ステキ。お父さんが乗っているクルマが憧れのクルマとなり、お母さんの料理は生涯のレシピとなる。
    ランドローバー_lcm2015-10
    ランドローバー_lcm2015-11
    ランドローバー_lcm2015-12
    ランドローバー_lcm2015-13
    ランドローバー_lcm2015-14
    ランドローバー_LCM2015a

    そして、今日のメーンイベントはこども達による写生大会。
    ランドローバー_lcm2015-15
    ランドローバー_lcm2015-16
    ランドローバー_lcm2015-17
    ランドローバー_lcm2015-18
    ランドローバー_lcm2015-19
    ランドローバー_lcm2015-20
    ランドローバー_lcm2015-21
    ランドローバー_lcm2015-22
    ランドローバー_lcm2015-23
    今日の一日はこども達にどのように写ったのだろう。作品の紹介は後日♪

    ランドローバー_lcm2015
    参加していただいたみなさま、ステキな一日をありがとうございました。都合が悪く参加することができなかった方も次回は是非一緒に楽しみましょう。

    久しぶりのキャンプ、久しぶりのテント泊、かなり興奮気味!
    今日は午後3時半頃、明日のイベント会場となる朝霧高原に到着。最近は日が短くなり、午後5時ごろには暗くなってしまう。さっそくテントを設営し、夕食の準備を始めた。
    同様に前日入りした何組かの参加者の方たちと一緒に焚き火を囲んでの夕食。昼間は雲に覆われていた富士山も夕暮れと共に姿を見せてくれた。
    日が落ちる頃には気温もぐっと下がり、準備していたダウンジャケットを着込んだ。雲はどこかに去り、月夜の下で冷たく澄んだ空気に包まれた。最高のロケーション!
    明日はもっといい天気になりそうな気配。ここの魅力はなんと言ってもこの雄大な景色。富士と青空と緑と爽やかな空気、それだけ揃えばイベントは既に大成功。私は一足先に楽しませてもらっているが、このぶんなら明日の朝から出掛けて来てくださる参加者のみなさんにもきっと満足していただけるだろう。それを想像するだけで、またまた興奮してしまう!いかんいかん、さすがにそろそろ寝なきゃ。とりあえずおやすみなさい。
    明日、早朝から出発されるみなさん、どうぞお気をつけてお越しください。
    image
    image
    image
    image

    今週末に迫ってきた朝霧高原でのキャンプ&バーベキューイベント「LAND COMFORT MEETING -in the field 2015-」、今日は荷造り支度を行った。過去、私は日帰りでの参加だったのだが、今年は前日から乗り込んでテント泊の予定。富士山麓の寒さが予想できないので、とにかく寒さ対策グッズに重点をおいた。
    経験上、テント泊をするとなぜか早寝早起きになる。季節的に暑さの心配はないので、寒さだけ凌げればきっと朝までぐっすり!普段よりもむしろしっかり睡眠がとれるのではと期待している。降水確率も10%だし、快適にキャンプが楽しめそうで既に興奮気味。
    参加のみなさま、どうぞよろしくお願いします。
    レンジローバー_キャンプ

    3週間後に迫ったLAND COMFORT MEETING -in the feild 2015-。例年、前日から、あるいは翌日にかけてキャンプをされる方も何組かいらっしゃる。これまで私は当日入りの日帰りだったのだが、今年は前日からテント泊をする予定。テントで寝るなんて何十年ぶりだろう?
    学生時代に夏休みに一週間ぐらいかけて四国一周のツーリングをしたことがあった。食事は全て自炊。米だけは自宅から持って出たので毎日ハンゴーでご飯を炊き、おかずは地元で調達。畑仕事をしている方から野菜をいただいたり、八百屋で賞味期限がギリギリ過ぎたハムをタダでもらったり。今思えば、若さをアピールすることでいろんなことができたんだなあ。50歳のオヤジがそんなことをしたら怪しい人になってしまう・・・。
    それはともかく、その後も何度かテントで寝たことはあったがいずれも夏のこと。寒さを経験したことはない。朝霧高原の標高はおよそ800m。10月末の夜はどれぐらいまで冷え込むだろう?シュラフと、念のためにダウンジャケットを用意しておけば大丈夫だろうとは思っているし、最悪はクルマに逃げ込めるからと甘いことを考えてもいる。
    先日お客さまとそんな話をしていたら、更に念のためにと冬用のダウンシュラフを貸してくれることになり、今日それを持ってきてくれた。袋から出すと仕舞うのが大変なほどモコモコ。これに潜り込めばむしろ足が熱くなって眠れなくなってしまうのではないかと心配になるほど。
    なんだかテンションが上がってきた!楽しみだ〜!
    ランドローバー_キャンプ

    秋の恒例イベント「LAND COMFORT MEETING -in the feild-」を、今年は10月25日(日)に開催します。読者のみなさまもご一緒にいかがですか!
    詳細は今後HPで更新して参ります。

    過去の開催のもようはこちらから→2011年 2012年 2014年
    ランドローバーMTG

    ランドローバーイベント
    今日ご来店していただいたお得様が写真を持ってきてくださった。昨年10月にお客さまを招いて開催した富士山麓「ふもとっぱら」でのバーベキューイベントの時の写真である。
    2010年から始めたこのイベント、一昨年は9月に予定していたのだが雨天のために中止になってしまった。その反省を元に、できるだけ台風の確率も少なくなるようにと日程を10月にし、更に予備日も設けるという念の入れようだった。それだけこのイベントを楽しみにしてくださっているお客さまが多いわけで、私自身もこの雄大なロケーションが大好きである。もちろん今年も10月に開催する予定。おっと、早めに会場を押さえておかないといけないな!気が早いと思われるかもしれないが、この秋のイベントは公私を問わず最も大切な一日といっても決して大袈裟ではない。今日のお客さまも、「今年のメニューは何にしよう?!」と既にモードに入っている。

    参加者の中には前後の日程を絡めてキャンプをされる方もいらっしゃる。私は毎年日帰りだったが、今年こそキャンプをしてのんびり過ごしたい。満天の星空や朝焼けや、ここでしか味わうことのできない経験をしてみたい。まず早めにイベントの日程を決定し、その前後には別の予定を入れないように調整しておこう!

    LAND COMFORT MEETING -in the field- 
    昨日開催した朝霧高原でのバーベキューイベントも今年で3回目。レイブリックとオートクラフトのお客さまをお招きしての恒例行事としてすっかり定着した。昨年は雨天のため中止となり、参加を予定したいた皆さまは大変残念がられていた。そこで今年は予備日として翌週26日にも会場を抑えるという念の入れようで臨んだ。そして昨日、快晴の元で無事に開催することができた。
    持ち寄った料理をお客さま同士で振る舞いあいながら、いやいやどれも美味しくてみなさんかなり食べ過ぎたのでは。
    また来年もこうして集まることができますように。

    では、今年の様子をダイジェストで。

    Photo by kawa!
    前夜からのキャンプ組に加わり
    IMGP5651
    早朝からぞくぞくと集合
    IMGP5663
    さっそく火をおこし
    IMGP5673
    焼く、
    IMGP5686
    スペアリブも
    IMGP5691
    包み焼も
    IMGP5684
    ホムモンも豪快に!
    IMGP5694
    そして食べる、
    IMGP5676
    食べる!
    IMGP5657
    美味しい!
    IMGP5697
    ぐつぐつと
    IMGP5671
    煮込んだり
    IMGP5727
    チーズフォンデュも
    IMGP5668
    みたらし団子も自作
    IMGP5669
    焦げ目をつけて
    IMGP5659
    子供たちに掛かれば
    IMGP5670
    何故か四角かったり(笑)
    IMGP5711
    そして自信作をふるまう!
    IMGP5665
    様々なインスタントラーメンを持ち寄り
    IMGP5660
    大鍋でごった煮
    IMGP5720
    これがかなり美味い!
    IMGP5759
    トウモロコシや
    IMGP5725
    焼き芋は
    IMGP5766
    おやつに
    IMGP5755
    ワインも
    IMGP5756
    飲み干し
    IMGP5718
    ゆったりと
    IMGP5678
    くつろぎ
    IMGP5829
    微笑み
    IMGP5838
    楽しく
    IMGP5817
    素敵な
    IMGP5742
    一日が
    ランドローバーfuji
    過ぎていきました。
    IMGP5683
    来年も必ず!

    lcgm

    過去、レイブリック主催のゴルフコンペは愛知県内で五回開催した。オートクラフトは昨年秋に静岡県で初開催。その六回のほとんどに山梨県から参加してくださっているお得意さまがいる。前日に会場近くのホテルまで来られる時もあれば、日帰りで強行された時もあった。
    いつだったか、ふと思った。つまり、その逆も可能だと!前回のコンペの際、その表彰式の場で「一度みなさんで山梨に遠征に行きましょう!」という話題になった。そして、どうせ山梨開催を進めるなら、名古屋や東京が茹だるような暑さの時期にしようと。それがこの三連休を利用して実現した。
    今回、愛知、東京、そして京都から参加者が集まり、オートクラフトの神田店長も召集し、総勢14名、4組で盛大にコンペを開催することができた。
    レイブリックとオートクラフトの共同開催、名付けて「第一回ランドコンフォート・ゴルフミーティング」!

    地元から離れていることのリラックスムードも手伝ってか、今日は実に4人の参加者が自己ベストスコアを更新した。これは非常に嬉しいこと。ゴルフのスコアは技術以外にも集中力や適度な緊張感などメンタル部分にも大きく左右される。そして固くならない程のリラックス感と!このコンペの空気が、それらの条件を満たしたことの証とも言える。

    自己ベストを更新した方も、今日は思うようにいかなかった方も、優勝者もブービーメーカーも、こんな素敵な一日を作ってくださった全ての参加者の方に心から感謝!
    そして八ヶ岳や南アルプス、更に富士山まで臨める最高のロケーションに感謝!
    次回は更に楽しい会にできるよう、我々も努力を重ねて参ります。
    ありがとうございました。

    ランドローバーランドローバーに限らず、オフロード走行でクルマを横転させてしまった経験がある方もきっといらっしゃるだろう。レイブリックのお客さまでも過去に何人かいらっしゃった。つまり転びそうなほど楽しい場所を走って、結果的に転んでしまったわけだ。そのまま笑って済ませられたかどうかは知らないが・・。

    日本の法律では、自動車は35度まで傾けても横転しないように設計されている。ただ、これは空車状態で静かに傾けていった場合の数値なので、人や荷物が載って重心位置が上がれば更に倒れやすくなるし、走行中のバウンドなどのきっかけがないことが前提ではあるが。
    いずれにしても、どんなクルマでも静かに35度傾けて倒れないなら、ランドローバーならもっと大丈夫だろう!そう期待してしまう。ほかのクルマに行けて、ランドローバーに不可能な道はあって欲しくない。
    クライノメーターランドローバーは、45度まで傾けてもエンジンオイルの潤滑をはじめ、あらゆる走行機能に支障がでないような設計がされていると聞いたことがある。静かになら45度までは傾けられるということの証でもある。実際にそんな傾斜を経験したことはないが、かなりのスリルだろう。
    純正でクライノメーター(傾斜計)が取り付いているオフロード車もあるし、市販でも売られているが、だいたいその限度は35度から40度。そのあたりが一般的に想定できる限界値なのだろう。

    実際、どこまで傾けたら倒れてしまうのか、静かに傾けるのではなく走りながらならどうなのか、一度でいいから転ぶまで傾けて走ってみたいものだ。
    仮に、仮にですよ!仮にレイブリックが「転んでしまってもよいデモカー」を用意してオフロード走行会なんぞ企画したら、そんなイベントみなさん興味ありますか?何度も言いますが、仮に!ですよ。汗
    そんな面白いことができるなら是非参加したいと思う方は「いいね!」または「拍手」をどうぞ。「いいね!」がたくさん欲しいような、少ないほうが嬉しいような・・・。笑

    2012年10月13日 7:00am
    東京からはオートクラフトTeam
    名古屋からはレイブリックTeamが、同時に出発。

    IMG_5277
    一路、朝霧高原へ!

    IMG_5287
    みんなで走れば楽しさ倍増!

    IMG_5291
    興奮しずにはいられない!

    IMG_5312
    到着!

    IMG_5309
    晴天だ!

    IMG_5306
    テントの設営は僕に任せろ!

    IMG_5311
    みんなで持ち寄った食材。ピザ!

    IMG_5316
    キャベツと厚切りベーコンのスープ。

    IMG_5323
    おでん!

    IMG_5319
    鮭ときのこのホイール包み焼き。

    IMG_5321
    蛸とトマトの・・・、とてもお洒落な煮込み料理。

    IMG_5320
    肉はもちろん、ウインナーも、

    IMG_5317
    焼きそばも!

    IMG_5332
    一服する間もなく

    IMG_5337
    アイスクリーム作り!

    IMG_5339
    はーい!一列に並んでー、

    IMG_5342
    みんなの分あるから大丈夫だよ!

    IMG_5343
    たまらなく美味しい!

    IMG_5347
    大人だって欲しい!

    IMG_5355
    食後の遊びはビンゴゲーム。

    IMG_5356
    なかなか揃わない・・・。

    IMG_5360
    リーチだあ!

    IMG_5362
    ビンゴーっ!

    IMG_5365
    ビンゴ!ビンゴ!

    IMG_5369
    大きいのが欲しかったー。

    IMG_5370
    ビンゴだぜ!

    IMG_5371
    ゲットだぜ!

    IMG_5374
    ようやく揃ったー。

    IMG_5372
    商品なくならなくてよかったー。

    IMG_5373
    ずっと前からリーチだったのにー。

    IMG_5388
    そんなこんなで楽しい一日はあっという間に過ぎました。
    みなさんのおかげで素敵な一日を過ごすことができました。
    ありがとうございました。


    今日の曲は、こんな日にぴったりのBANK BANDの曲を。
    「よく来たね」。

    レイブリックとオートクラフトのお客さまと一緒に富士山麓の朝霧高原へ行ってきました。
    奇跡的な晴天!充実の一日!

    参加していただきましたみなさま、ありがとうございました。
    美味しいお肉、ごちそうさまでした。
    大変な渋滞の中、お疲れさまでした。

    (スイマセン、睡魔が・・・。まずは写真だけ見てください。。。)

    2011LCM49

    DEFENDER90

    2011LCMレンジローバースポーツ

    CA3H0810昨日のブログで、クラシック・レンジローバーのデモカー案を話したが、その前に順番に仕上げていかねばならないデモカーが控えている。ディフェンダー90の幌車もそう。しかし、中途半端になっているのはこんなクルマもある。
    今年の春にイギリスから輸入した中古のディスカバリー・シリーズ2・Td5・M/T車。スタッフが時間を作っては整備とクリーニングを繰り返してきた。しかし、どうにもこうにも車内の「臭い」の問題が解決しない。車内には犬の毛がたくさん残っていた。なので動物臭はする。それと、きっと泥の臭い。そしてカビか、錆か、どことなく湿っぽい臭い。どうやら、イギリスで泥遊びを繰り返してきたクルマのようだ。
    掃除機掛け、コロコロ、天気のよい日には窓を開けて天火干しを行ってきたしオゾン除菌脱臭も数回行った。しかし、お客さまに乗っていただけるレベルに達しない。これではデモカーにする以前に、自分を含めスタッフが乗りたいと思わない。当然、商品にもできない。かといって、眠らせておいてはただの鉄屑だ・・・。

    CA3H0814CA3H0815ということで、臭いの元から絶つ大作戦を決行!シートを外し、カーペットも全て剥がした。特に助手席側の足元のカーペットは、現在も水分をたっぷり含んでおり、砂も入り込んでいた。そして、やはりフロアパネルは錆ていた。
    カーペットは再使用するのはヤメ。内装がキレイな部品取り車両をできるだけ早く見つけてカーペットもシートも丸ごと移植してしまおう。
    今日の作業はここまでだったが、次はドアトリムも取り外してみよう。ドアの内部にも泥がつまっているかも。このあたりまでしっかりと掃除をすれば、きっと臭いはなくなるだろう。

    Td5のマニュアル車、最低限の仕上がりでもよいので、普通に乗れる状態になったら、まずオフロードデビューしよう。それから、林道ツーリングにも出掛けたい。このいずれも、レイブリックのイベントとして開催しようと考えている。「オフロード走行会&バーベキュー」、「林道ツーリング&ご当地グルメ」、想像するだけで楽しそう!できるだけ早く実現しよう。みなさん、是非参加してください。

    今日のイベントも、一番楽しんだのはきっと私自身だと思う。それほど楽しかった。
    CA3H0716「第一回レイブリック杯ゴルフコンペ」の開幕は、未明からの豪雨と雷鳴にさえぎられた。多少の雨は覚悟のうえ、どうか雷だけは遠ざかってくれ〜!
    予定時刻から待つこと一時間、雨は小降りになり、雷は遠ざかった。
    今日のコンペは頭数をそろえようとして強引に誘った方は一人もいない。つまり、ゴルフがしたいというみなさんの意思で今日ここに集まっているわけなので、考えてみれば楽しくないはずがない。一時間遅れのプレー開始とともに全開モード。箸が倒れるだけで楽しい年頃ではないが、たとえスコアが崩れても笑いが絶えない。
    そうそう、表彰式ではいろいろな特別賞を設けた。「1ホール最多打数」では、商品をちらつかせながら「10打以上のホールがある人!」と訊ねると。「俺は10打」「いやいや、私は11打」「そんなもんじゃない、俺は15打だ」と、思い出したくもない記憶でさえも蘇って饒舌になる。「最多OB賞」では、「ボクは3回」、「俺なんてスタートホールだけで4発だよ」、5発だ6発だと自慢げに続く。
    そんなの自慢じゃないのに・・・笑。やはりゴルフの楽しみはスコアアップやナイスショットだけではないってことのようだ。

    CA3H0721みなさんのおかげで楽しくゴルフができました。ありがとうございました。
    帰りには記念撮影。こんな楽しいことはどんどんやるべきだよなあ。第二回の計画も早急に進めなきゃ!

    一昨日のイベントの余韻がまだ残っている。
    お客さまをエスコートして、楽しんでいただいて・・などと言っていながら、一番楽しんでいたのは自分だったかも!なんて、なぜか今日になって思い始めた。

    なんだか「イベント」にハマりそうな自分が居る。
    ツーリングイベントの時に参加者から「もっとアウトドアらしいバーベキューを!」「オフロード走行を体験してみたい。」というご要望もあった。そういえば、私はわざわざオフロードを走ったことはない。必要に迫られて土地造成中のぬかるみに入ったり、せいぜい雪が降ったときに深雪を探して踏み込んだ程度。ディフェンダー90にもMTタイヤを履かせたことだし、いっちょ初心者クラスから初めてみようかなあ!車両感覚や路面からのインフォメーションは敏感に感じるほうだと自分では思っている。鈴鹿サーキットで時速200キロ以上で「あそこの縁石に10センチぐらいかかるようにコーナーリングして」なんてことはしてきた。タイヤが縁石にかかった時の僅かな凹凸の感覚や、空気圧が上昇して車体がグリップを失い滑り始めた瞬間を感じたり、エアロパーツのダウンフォースを感じてそれを信頼しながら超高速コーナーを加速しながら走り抜けたりすることはできてたつもり。ただ、ダートコースならともかく、私がこれまで経験してきたドライビングテクニックがオフロードでどれだけ通用するのだろう。そして、どんな共通項があるのかとても興味が沸いてきた。もちろん、全く別のテクニックや勇気も必要だろう。
    レイブリックからクルマで30分ほどのところに「さなげアドベンチャーフィールド」さんというオフロードコースがある。今度DEF90でチャレンジしてみよう。そう、そこにはバーベキューができるキャンプサイトもある。四駆の原点らしく、「オフロード&バーベキューイベント」なんてどうかな?


    実はレイブリックは既にイベント続きで、明日は「第一回レイブリック杯ゴルフコンペ」なのである。こちらも春頃から内定していたスケジュールだった。人員ギリギリで運営している(そう思い込んでいる)レイブリックなので、なかなか週末にスタッフがお店から抜けるのは難しい。ということで祝日が候補に挙がったのだが、春の時点で祝日を探そうとしたところ、ゴールデンウィークはみなさんそれぞれ予定があるだろうし、海の日3連休も暑すぎる時期で・・・、てなことで半年先だが9月にならないと無理かも?という話だったのだ。

    今日は、その準備で各賞を決めて商品を揃えた。コンペに出場して商品をいただいたことはあるが、いざ自分で用意しようと思うとなかなか難しい・・。満足していただけるかな?楽しんでいただけるかな?ツーリングイベント同様、やはり不安にかられる。
    ま、とにかくゴルフそのものは楽しいスポーツなので、よほどヘマをしない限り楽しくないイベントになることはないだろう!笑

    mame買い物のあと、こっそり自己練習に出掛けた。久しぶりの打ちっぱなし。平日昼間70分打ち放題、欲ばって打ちまくったら左の手のひらにマメができてしまった・・。
    あ、明日のミスショットの言い訳を事前にしているわけではないですよ!主催者とはいえ、私も優勝目指して真剣勝負だ。プレーが始まってしまえばきっとマメの痛みなど忘れてしまうだろう。
    それより早く寝なきゃ!参加のみなさん、どうぞよろしくお願いいたします。おやすみなさい。

    8c5206a2いよいよ明日はツーリングイベント。天気も大丈夫そう。ディフェンダーもなんとか形になった。目指すスタイルには到達していないが、すっかり実用的になった大バカ野郎度は見て楽しんでいただけると思う。
    東名高速道路で、名古屋〜掛川は、通常なら1時間半ほどの行程。明日は途中浜名湖サービスエリアでの休憩を含んでたっぷり2時間半をみている。
    予定参加車両は34台。34台もいれば、1台ぐらいトラブルが起きてもおかしくないのがランドローバー・・汗。念のために、レイブリックでは専用テスター(オートロジック)を持って出かける予定。参加のみなさん、安心して(?)お出かけください。
    冗談はさておき、とにかく安全運転で行きましょう。関東からの遠征チームもお気をつけて!楽しい一日になりますように。

    来週の月曜日、9月20日祝日に予定されているツーリングイベントは、実は4月上旬から大まかな話は決まっていた。「大まか」というのは、ほとんど日程だけだったが。それでも、手帳にはしっかりと「ツーリング」と記されていた。
    私はその時既に自分が乗っていくクルマをイメージしていた。ちょうど製作に取り掛かり始めたディフェンダー90だ。目的地が海だろうと山だろうと、最高にカッコいいディフェンダーで参上してやろうと。
    5月から6月にかけて、仕事の合間をぬって製作は順調に進んだ。しかし、7月に入るとさすがに身辺が慌しくなり、作業はピタリと止まってディフェンダーは自宅のガレージに押し込まれたままの状態が続いている。9月20日のイベントでデビューさせることはかなり余裕をもったスケジュールだったはずなのに・・。
    def90未完成の部分で最も致命的なのは、幌が取り付く状態でないこと。内装がバラバラだし、スペアタイヤキャリヤが固定されていない。ただし、それらはもしかしたらイベントまでの残された日程で解決できるかも。あとは天気。幌がないということは、雨が降ったらアウト。今のところは晴れマークだし、台風も見当たらないが。
    総合的にみて、ディフェンダーで参加できる確率は2〜3割といったところかな。汗

    さてさて、レイブリックと長い間お付き合いをさせていただいているお客さまなら分かるだろうが、このようなイベントは恥ずかしながら始めての経験。初期の頃に極々親しい方とレイブリックの駐車場でバーベキューをしたことがあるが、オフィシャルで行うインベントは15年目にして始めてのこと。
    今回のイベントを企画する段階では、もし参加者が集まらなかったら、身内だけで盛り上がれば!なんて情けないことを想定していた。目標は3社で15台、ご家族も参加していただければ総勢20〜30名ほど。
    ところがところが!とりあえず現段階では3社でおよそ30台。ほとんどの方がご家族連れで参加していただけるので参加者はざっと数倍!!! 私はお客さまのお気持ちを理解できていなかった。きっと、ずっと前からこういう企画を待っていてくださったのだ。「そうだよ!遅いよ!」、そんな声が聞こえてきそう。こんなお叱りは、改めて当日たっぷりお聞きいたします・・。

    ↑このページのトップヘ