LAND COMFORT 加藤ブログ

ランドローバーを運転していると時間がゆっくり流れているように感じます。

ランドローバーを運転すること、ランドローバーのある生活、ランドローバーと過ごす時間、それらは全てとても心地良いこと。
「LAND COMFORT」とは、そんなことを考えながら出来上がった言葉です。

カテゴリ:レンジローバー > リフレッシュプラン

レイブリック_レンジローバー_リフレッシュプラン_001スタートからおよそ1年、クラシック・レンジローバーのリフレッシュ作業が終わり、ユーザーさんの元に返すことができた。元々、お客さまは関東の方。リフレッシュの最後の仕上げとなった、ナビゲーションの取り付けと車検の継続検査をオートクラフトで行い、一昨日関東でお引渡しを行った。ちょうどその時、私は名古屋に来ていたのでお引渡しにも立ち会えず、またお引渡し直前の完成した状態を見届けることができなかった。写真は、オートクラフト店長の神田が撮影したものをメールで送ってもらったもの。

レイブリック_レンジローバー_リフレッシュプラン_002今回のリフレッシュプランによって勉強できたことは非常に多い。レイブリックの業務は、どちらかといえば日々メンテナンスに追われているのが現状。ユーザーさんがランドローバーと共に過ごされる中で、その先の楽しみを追求するお手伝いができなくなってしまった。10年ぐらい前は、ナビゲーションを取り付けたり、足回りをチューニングしたり、ランドローバーに乗ることがより楽しくなるような提案が確かにできていた。しかし、おかげさまでお客さまが増え、いつの間にかコンディションを維持するための作業に追われるようになってしまっているのだ。

レイブリック_レンジローバー_リフレッシュプラン_003そんな折、今回のように整備の枠を大きく超えたご要望をいただけたことはとても良い機会だった。大きな作業としては、塗装をしなおし、シートのレザーを張り替えた。例えば住宅に置き換えてみる。考えてみれば意外に当たり前のことであるが、水道の蛇口から水漏れしたり、ガス湯沸器が壊れれば直ちに修理をする。しかし、今回行ったことの大部分はその先のこと。外壁のペンキが古くなったり、リビングの壁紙が剥がれたようなもの。最低限生活をするための処置ではなく、より快適に過ごすための+アルファである。

クォーターガラスのウェザーストリップなど、供給が終了したパーツを独自に製作する必要に迫られたもの今回の作業がきっかけである。そして、記事を進めるうちに、徐々にみなさまからの期待も伝わってくるようになった。ユーザーさんには一台のランドローバーを大切に乗り続けていくことの楽しみや歓びを感じていただき、我々はそのための方法に向かって努力することを覚えた。

レイブリック_レンジローバー_リフレッシュプラン_004後世に残すべきランドローバーの代表として、今回はクラシック・レンジローバーが選ばれたわけでが、この経験は必ず他のランドローバーにも活かせること。

塗装業者さん、内装業者さん、ガラス職人、そのほか関わっていただいた全てのみなさん、そして完成まで一年以上も待っていただいたオーナーさんに感謝し、今回のリフレッシュプランはひとまず終了します。
ありがとうございました。



CA3H0918タイトルを「牛歩」に変更しなければならない・・・。
レイブリックで行っているクラシック・レンジローバーのリフレッシュプランは、開始からすでに一年以上が経ってしまった。辛抱強く完成を待っていただいているユーザーさんには本当に申し訳ない。そして、このシリーズ記事を楽しみにしていただいている読者のみなさんにも忘れ去られそうである。しかし、ゆっくりゆっくりだが作業は進んでいた。ただ、私がレイブリックに居ない間に完成に向けて進んだ工程もあり、随時取り上げてブログで更新することができなかった。
塗装、シートの張替え、サスペンションをはじめとする機関部分の整備、これらをおよそ一年間かけて行ってきた。リフレッシュそのものは完成したのだが、最後の仕上げはナビゲーションの取り付け。ここで車両をオートクラフトに移動。今日から作業に取り掛かった。
更に、最後の最後は車検整備。それを終えると本当の完成。オーナーさんの元にお届けできるまでもう一息。ラストスパートだ!


CA3H0919今日、オートクラフトのお客さまから一枚のCDをいただいた。ご近所に住んでいらっしゃるレンジローバーのユーザーさんである。お客さまはギタリスト。ご自身のアルバムである。購入してでも一度聴いてみたいと思っていただけに恐縮してしまう。このアルバムを聴いて気に入ったなら、是非ライブに行ってみよう。もちろんちゃんとチケットを買って。
ありがとうございました。





CA3H0366え?まだやってたの?そんな声が聞こえそう。(汗)
進行が遅くて申し訳ありません。いちばん我慢してくださっているのはもちろんオーナーさん。申し訳ありません。
外装では主に塗装、そして樹脂パーツなどの交換。内装はシートのレザー貼り替えをメーンに行ってきたが、現在はいよいよ機関部分の整備に入っている。
私のタイミングが悪く、整備中のカットを撮ることができなかったが、今日はエアサスペンションの整備を行った。

CA3H03642ndレンジローバーでは弱点とも言われるエアサスペンションシステムだが、クラシック・レンジローバーではその故障の頻度はかなり低い。その原因は、コンプレッサーやバルブブロックがエンジンルームではなく、フロア下のシャシに取り付けられているため、熱の影響を受けないからである。そうは言っても車暦17年、走行距離も10万キロを越え、さすがに手を加える必要が出てきた。

昨年10月に「来年の夏ごろまでに完成」と、少し余裕を感じながらリフレッシュプランをスタートさせた。気が付けばもう8月。夏休みの宿題状態になってしまった・・。最後の細かな仕上げが最も時間が掛かる部分だが、とにかく大詰め。



陽が落ちても暑いですねえ!こんな夜は持田さんの涼しい声で癒されよう。
私は、持田さんの声の出し方が好きだ。そして、初期の頃の五十嵐さんの時代の曲のほうがどういうわけだが心地よく聴くことができる。
この曲もその頃の代表的な作品。今夜は、ELTで「Time goes by」。



CA392619レザーシートの張り替えが完了。今回は、フロントシートだけ行った。やはり、ヒビ割れなどの劣化は運転席だけが顕著だった。だからといって、片方だけでは左右に並んだシートの微妙な色や質感の違いが分かりやすい。そこで、左右同時に行った。リヤはそれほど痛んでいないため、張替えはフロントのみ。革の色も、元々の色にとても近いものが選べたので、前後の違和感は全くなく仕上がった。
これまでも、ユーザーさんのご要望で何台かのレンジローバーのシートの張替えを行った。確かにコストは掛かるが、満足度も高い。洋服や靴に穴があいたならきっとスグに直すか、あるいは買い替えるだろう。不思議なもので、クルマのシートが擦れて穴があいたり切れ目が入っても意外とそのままだったりする。もちろん、頻繁に修理をするわけにはいかないが、10年、15年に一度ぐらいなら、考えてみれば必要なメンテナンスサイクルかも。乗り続けた愛車もあちこち傷んできたし、そろそろ代替?もちろん、これは順当な手段。しかし、あちこち傷んできたからここらでリフレッシュ!これもアリ!

シートが付いたことで、ようやくクルマの移動も可能になった。今後は、まず全塗装のために分解したボディーパーツの細かな部分を復元する予定。その後、エアサスペンションを中心に、機関部分の整備に取り掛かる。



BlogPaint進行が遅くて申し訳ない。ようやく、クォーターガラスのウェザーストリップが手に入った。これでクォーターガラスが取り付いたので、車両の移動も可能になる。現在はレザーシートの貼り替えを行っているので、それが取り付いたら本格的に作業を再開させる予定。

このウェザーストリップ、本国でも「供給終了」とのこと。これから、どうすればよいだろう?経年でボロボロになっているクラシック・レンジローバーも増えており、気分的に交換されたいと思うユーザーさんも更に増えるだろう。そして、仮にガラス交換に伴って、必要に迫られて交換しなくてならない場合は本当に困る。これからは中古のパーツも温存しておく必要がある。

過去には、一度「供給終了」となっても、いつの間にか復活していたパーツもあった。バンデンプラのリヤドアのサイドモールがそうだった。(現在は再び供給終了になっているが・・。) 今回も僅かの望みに期待したいところ。

車両の生産完了から14年余、ランドローバーに限ってはこんなにもはやく供給終了パーツに悩まされることになろうとは思いもしなかった。親会社がBMW、フォード、タタと移り変わったことも起因しているだろうか。まあ、情勢のせいにしてはいけない。全てはそれを予測できずにストックをしておかなかった自分の責任である。高を括っていたことに反省。


CA392517気分を変えて花見でもしよう。レイブリックの前の桜は七部咲きといったところ。今日の強風で開いたばかりの花びらが少なからず吹き飛ばされたが、おそらくこの週末に満開を迎えるだろう。
来週の火曜日、6日は地元学区の小学校の入学式。レイブリックの前の道路は通学路に指定されている。あと4日、どうかピカピカの一年生のために咲き続けていてほしい。


我が家の下の息子は今年小学校6年生。ついこの前、自分の背中よりも大きなランドセルをしょって兄貴に連れられて通学し始めたところなのに。今年は分団長になって一年生の手を引いて歩く立場になった。早いものだ。
今日は、さだまさしさんの曲にしよう。さださんの妹さんがモデルになった唄で、出生から嫁ぐまでを刻々と綴られた12分30秒という超大作。山本直純さん指揮による日本フィルハーモニーを率いてのライブ収録の12インチシングルを買ったのは私が高校一年のときだった。じっくりじっくり歌詞に引き込まれ、しまいには小説を一冊読み終えたような気分だった。
嫁ぐ娘を見ながら涙を流す親父を見て想うことで感動の歌詞はまとめられている。しかし、この長い歌詞の中でも私が最も気に入っているフレーズは、妹が小学校に入学したときのシーン。

七五三 新入学 夫婦は狂喜乱舞
赤いランドセル しょってかしょわれてか
学校への坂道を 足元ふらふら下りてゆく
一枚のスナップが今も心に残ってる

今夜は、さだまさしさんで、「親父の一番長い日」。



CA392461リフレッシュ中のクラシックレンジローバーのオーナーさんが、その途中経過の確認でご来店された。
現在はシートが取り外されている状態。本来なら、クルマごと職人の元に移動させたいところだが、実は昨年10月にオーダーしたクォーターガラスのウェザーストリップが未だに入荷せず、ガラスが取り付けられないためにクルマを外に出せないでいる。そのため、保管している倉庫内でシートを取り外し、シート本体だけが職人の元に渡っている状態。
リフレッシュ作業のペースが遅くて申し訳ありません。ウェザーストリップも、早く届いてくれ。 

CA392474さて、リフレッシュプランを紹介させていただいたいるクラシックレンジローバーのオーナーさんは関東にお住いのお客さまである。今日は横浜のお土産をいただいた。
ご存知、崎陽軒の横濱月餅。4色あると全部食べたくなる。どれも諦めがたい。 が、当然スタッフで分け合うのでそんなわけにもいかない。結局マロンをいただいた。もちろん、後悔はないが、実は黒ゴマも食べたかった・・。笑

ごちそうさまでした。


「横浜」、いい響きだ。名古屋は三大都市でありながら、幼い頃からどうも田舎モンの劣等感を抱きながら育った気がする。18才で免許を取って間もなく、何処というわけでもなく、何処かにドライブと考えたとき、真っ先に思い浮かんだのが「神戸」と「横浜」だった。もちろん、それらは憧れのナンバープレートでもあった。
我々の世代では、「山手のドルフィン」でソーダ水を飲んだ人は意外に多いはず。こうなれば、今日の曲はユーミンに決まり。
今夜は、荒井由実さんで「海を見ていた午後」。



CA392274CA392275

外板の塗装が完了した。新車時の艶か、あるいはそれ以上かも。写真を撮るも、周辺が映りこんでうまく撮影できない。
早く周辺パーツの組み付けを行って形にしたいところだが、オーダー中のモール類は未だに揃っていない。バンパーを取り付け、新品のエンブレムやストライプなどを貼れば、一気に雰囲気が変わるだろう。
次は内装、レザーシートの貼り替えを行う予定。こちらもお楽しみに。



CA392253リフレッシュ中のクラシック・レンジローバーはボディーの塗装が完了した。今後はサッシのブラック塗装をし、その後最終の磨き作業を行う。塗装職人いわく、「元々はこんな色だったんですね・・。」。そう、リフレッシュ前はすっかり艶が失われており、このモスウッド・グリーン独特の深みのあるカラーが表現されていなかった。
さて、それが終わったらいよいよランプやバンパーなど、外装パーツの組み付けだ。モール類のゴムパーツなど、新品を使う部位もある。それらが装着されればいっきに仕上がりが見えてくる。しかし、実は英国でも欠品中のパーツもあり、それらは納期すら定かではないものもある。その間に、今度はシートの張替えなど、内装に着手する段取りで進める予定。


100118_1126~0001さてさて、今朝は運転免許の更新に出かけてきた。今回は、あ、いや・・、今回ブルー免許。ランドローバーが高性能になり、特に自分では急いでいるわけでもなく、安全運転をしているつもりにも関わらず気が付けば背後で白バイがサイレンを回していたというのが違反の事実。
3年後にはゴールドに戻れるよう、安全運転に心がけよう。



CA392232リフレッシュ中のクラシック・レンジローバーは塗装の下地処理に取り掛かった。パネルの凹んだ部分はまず叩きき出し、細部はパテで修正する。そしてペーパーで磨いて滑らかな面を出す。この工程は掌の感覚による部分が非常に大きい。人間の触感は素晴らしい。当たり前だが、コンマゼロ何ミリの凹凸でさえも感じることができる。掌で丁寧に面を感じながら磨きこんでいく。
そして、同時に古い塗装も削り落とす。これらの下地処理は非常に重要な工程だ。きっと化粧でもそうだろうが、何事においても基礎を怠って上手くいくことなどほどんど無い。

CA392230ボンネットはボディーから取り外して塗装する。こちらの下地処理はかなり進んでおり、ご覧の通りほとんど素地が見えている。
これらの処理が終わるといよいよ塗装工程に入るのだが、下地処理はもうしばらく根気の要る作業を続ける必要がある。くどいようだが、下地は焦らずしっかり行うことで良い仕上がりにつながる。



CA392154ボディーのリフレッシュから開始したクラシック・レンジローバーの現状。凹みや大きな傷を鈑金とパテで修正しているところ。元々、クラシック・レンジローバーのボディーパネルは波打っている感じがある。鈑金職人は、「この大きな波が・・」と頭を悩ませるのだが、「いや、これは新車でもこんな感じなのでこのままで大丈夫!」と。しかし、「ホントですか?!」と半信半疑。「いや、本当にこうなので、うまく波打たせておいてください。」と念を押した。
パテが乾いたらキレイな「面」を出すように表面を削っていく。それとと同時に、古くなった塗装の剥離を行う。ただし、このあたりの作業は年が明けてからの予定。



CA392145001クラシック・レンジローバーのリフレッシュととても関連深い内容をもうひとつ。
昨日発売のフォーバイフォーマガジン2月号、その特集はヨンマル。私がまだ全く四駆に興味がなかった時代のクルマである。しかし、今こうして見みると、とても魅力的に感じる。愛する人が止まない理由が徐々に分かってきた。
最も興味をひかれた記事は、「夢を実現する工房 〜行列のできるヨンマル・レストレーション・ファクトリー〜」。元々レストア専門ではなかったショップさんだが、オーナーさんが乗られているフルレストアされたヨンマルを見たお客さまが、同様の注文をしたことがきったけで徐々にレストアに力を入れ始めたと、そんな記事。ディーゼル規制の問題も、エンジンスワップという方法で解決し、ボディーから機関部分まで抜かりはない!年間3〜4台のレストアを行うらしいのだが、「行列」と呼ばれるバックオーダーは現在30台ほどとのこと。行列の最後尾のヨンマルが完成するのは10年近く待つことを覚悟していることになる。
これほどまでにファンに愛されるクルマとショップさんと、それぞれのオーナーさんとの関係、すばらしい世界だ。このランドローバー版が、私の理想のカタチのひとつでもある。仕事を度外視したとして、私も生涯で一度は愛車をフルレストアしてみたいと思っている。仕事を度外視せずに考えるとすれば、ランドローバープロショップがレストアをしないことのほうがむしろ不思議でもある。
レストアをしたい、こんなファクトリーを作りたいという欲望はあるが、実際には解決すべき問題は山ほどある。板金塗装の技術と設備はもちろん、場所、人などなど。全てを内製化しなくとも、協力していただける提携工場さんは最低必要となる。超えなくてはならない壁はかなり高いが、いつか壁を乗り越え、レイブリックも「行列ができるランドローバー・レストレーション・ファクトリー」と呼ばれるようになることも目標のひとつに掲げよう!


さて、曲にしよう。今日、クルマを運転していて降りる間際にAIさんの歌声が聴こえてきた。私が大好きな曲だったので、クルマを停車させてもすぐに降りずに最後まで聴いた。シンプルな歌詞だが、彼女の歌唱力でとても壮大になる。
ただ、私は彼女の曲はこの一曲しかしらない・・。しかし、間違いなく名曲だ。
今夜は、AIさんで「Story」をどうぞ。



レンジローバーリフレッシュプランVol.1いよいよ、リフレッシュプランの開始。まずはボディー外装から。
今回はカラーの変更はなく、オリジナルの「モスウッド・グリーン」で再塗装をする。塗装に際し、付属物をできるだけ細かく分解することで当然のことながら仕上がりはよくなる。エンブレムやストライプテープなど、再使用が不可能なものは新品パーツを使う。

今日までに取り外したパーツは以下のとおり。

・前後バンパー
・左右サイドプロテクションモール
・各ドアベルトモール
・前後ワイパーアーム
・ウォッシャーノズル
・全エンブレム
・左右サイドシルフィニッシャー
・左右リヤピラーガーニッシュ
・ボンネットインシュレーター
・全ドアトリム
・ラゲージトリム

残りはドアハンドルとランプ類、ドアミラーなど。そしてウインドウガラスも。明日、クルマを塗装工場へ移動させ、残りの分解を行ったのち塗装作業に入る。




さて今日の曲、実は今朝のニュースを見たときから私の脳はある曲に占領されていた。ニュースとは、ロシアのバイコヌール宇宙基地から、野口さん等を乗せたロケット「ソユーズ」が打ち上げられ、成功したニュースである。
ソユーズといえば、1990年に秋山さんが日本人として始めて宇宙に旅立ったロケットだ。TBSが「日本人初!宇宙へ」としてその中継を行ったのだが、そのテーマ曲を担当したのが松任谷由実さんだった。
私は何度かユーミンのライブにも出かけたが、もしもう一度同じライブを観られるという夢が叶うならこの年のアルバムツアー「天国のドア」を観てみたい。せめて、この曲だけでもよい。

「SAVE OUR SHIP 」



CA392109「これに代わるクルマが現れない!」、最愛のクルマと出会うことができたのか、あるいは現存するクルマを見渡し、消去法で絞りこんでも現在所有しているクルマが残ってしまうのか。このクラシック・レンジローバーのオーナーさんは前者のタイプ。正確には前者のタイプだった。過去形の表現をしたのには理由がある。経年で内外装がくたびれてきたことで、その手入れが追いつかなくなった。手入れが追いつかなくなった愛車の劣化は加速した。塗装の艶は失われ、レザーシートの皺や皹も増えてきた。洗車やワックス掛け、内装のメンテナンスをする気がほんの僅かに薄れてきた。そんな矢先にエアサスペンションのメンテナンス時期が訪れ、更に車検も重なった。この際、内外装をリフレッシュし、以前のように情熱を注ぎ込むにふさわしい趣を取り戻し、機関部分も抜かりなく整備を施そうということになった。CA392110
そんなわけで、フルレストアとまではいかないが、我々がユーズドカーを作り上げる作業よりも更に手の込んだリフレッシュプランを進めることになったのだ。
オーナーさんのご承諾をいただき、この模様は随時ブログで紹介させていただけることになった。数ヶ月に渡る作業となるが、連載記事としてはとても充実したものになるはず。クラシック・レンジローバーだけでなく、その他のランドローバーにもきっと役立つ内容がご紹介できると思うのでお楽しみに!
オーナーさんにはご自身の愛車が蘇っていく過程を楽しんでいただければ幸いです。


曲にしよう。「蘇」という文字でダイレクトに連想する曲がある。Mr.Childrenの10枚目のアルバム「IT'S A WONDERFUL WORLD」の冒頭の曲、正確には「overture」というインストルメンタルから連続する楽曲であるが、この曲の壮大さとぶつかってくるエネルギーは他に例がないほどかも。ちょうど今週末はナゴヤドームで彼らのライブが行われる。
今日の曲は、Mr.Childrenで「蘇生」。



↑このページのトップヘ